2006年04月27日

体重減ってない。やはりレース中の…

060427.jpg昨日の体重です。う〜ん。あんなに頑張ったのにレース前とあまり変わらない、ガックし。

やはりレース中食べ過ぎた?
実はかなり…
38km:支給おにぎり1個
51km:ウイダーゼリー1つ、持参ローソンおにぎり2個、持参バナナ1本
56km:支給素うどん2杯(おかわり)
6?km:持参ローソンおにぎり2個、持参バナナ1本
69km:支給素うどん1杯
93km:支給パン5切れ

51kmで食べてるのに56kmでおかわりってどういうこと?…。

それと、毎エイドでの水分補給が多いんです。いつもコップ2〜3杯の水を飲んでました。燃費が悪い。練習で脱水するわけです。

そう〜です!今日から気持ちを引き締めないといけないのです。
またまたリバウンドオヤジと化してしまいます。リバウンドの経緯は以下の通りです。

2005/05 88kgぐらい
2005/08 79.9kg
2005/10 82kg
2006/02 90kg ←リバウンド
2006/04 83.8kg

とは言え、もうすぐGW。
ビール片手にバーベキューとかいいですよねっ。

2006年04月25日

2番勝負完走です。13時間49分25秒。〜ランニングバカ力編〜

060425_01.jpg本日二日掛りで帰ってきました。
2番勝負完走です!13時間49分25秒。
制限時間が14時間ですので、10分35秒を残すギリギリのゴールでした。

今回は、1番勝負目に比べると、体重増(84.5kg)&筋肉減(ジム筋トレなし&前月150km)でかなり不安がある大会でした。唯一の頼みの綱は「ランニングバカ力」だけ。なんだそりゃー。では早速ご報告です。

大会前々日
目指すは富士山。朝6時に出発し、気分もいいのでかっ飛ばしてたら8時間ぐらいで着きました。なーんだ、早いじゃん。さっそく、郷土料理のほうとうでカーボローディング。って、ここ1週間ローディングしすぎ。ここぞとばかりの食べまくりで、確実に体重が増えてます。

大会前日
060425_02.jpgなんと言っても下見が命。実はそのために車で来たようなもの(レンタでもいいのですが)。何故かといいますと、レース中に先のコースが想像できないと気持ちが途切れてしまいそうで心配なのです。だから入念に観光&下見です(観光もかよっ!)。
それにしても、富士山ってかっこいいですよね。景色界のトップモデルです。そうやって景色を眺めながらのんびりとコースを回るのですが、距離看板が2.5km間隔なのでコースがよくわからない。結局のんびりしすぎてAM9:00からPM3:00までの6時間もかかりました。夕方chamaさんと合流です。半年ぶりにお会いして、いろいろお話ししました。

大会当日
今回の大会は距離表示の見落としが多く、といいますか意識が朦朧として、きちっとラップが測れてないのです。

0〜30km
先ずは山中湖。スタートから下りが続き、その後湖畔を回る平坦なコース。走り始めると体が重いのです。体重増&筋肉減の影響でしょうか。しかしなんとかキロ6分台をキープし30kmまで行けました。カーボローディングはまずまずかな。

31〜51km(エイド)
筋肉の筋グリコーゲンが尽きて血糖と脂肪にスイッチ(たぶん)。40kmあたりから足が痛いし、全然スピードがでない。しかしそうはいってもベストを尽さねば。「遅くてもいいので、登り坂以外は歩かない」と決めたのです。するとドンドン抜かれるじゃないですか。歩いてる人を抜くにも時間がかかる。どうしたんだこのスピードは。とにかく半分までは行くぞの一念で走りました。

52km〜80km 〜魔のまったりゾーン〜
一番勝負目に感じたのです、この区間は「まったり」してると。50kmで食事をして、休憩すると、体がなかなか走ってくれない。それと目標がつけにくい。ついこのまったりとした気分の中でダラダラと走ってしまいます。そこで考えたのが…

作戦1:勝手にライバル作戦♪
自分とペースが近い人を勝手にライバル扱いして勝負を挑むのです。前回のライバルはカウボーイくんでした。今回のライバルはにぎやか女性の二人組。しかし、スピードが出ないのでこんな勝負に。肥満おやじの得意技発揮です。
追い抜かれる→エイドで早食い、抜く→また追い抜かれる→エイドで早食い、抜く→追い抜かれる

作戦2:自動走行作戦♪
そうしてる間に、ライバルも視界から遠のいていくのでした。
80kmあたりでいままでにない疲労感。そこでなにも考えず機械のごとくひたすら淡々粛々と走る自動走行ラン(高級車にありますよね)。はっきり言いましてその時は、意識が朦朧として目が白目です。たぶん疲れが表に出てるのでしょう「あの人かなり疲れてるね」と沿道のコソコソ話が聞こえました。。

81〜93km
最後の難関を前になんとかスピードのギアを変えたいと、すこしづつ速度をあげてみると、なんと出てくるもんです「ランニングバカ力」。いままで抜かれ放題だったのが1、2人抜けるじゃないですか。もう残り時間がないので必死です。1kmがほんとに長いです。

94km〜100km
いよいよ最終難関。約3kmの間に200mを登る急勾配。確か93kmあたりで残り1時間ぐらいだったような。数人が集団になってぽつんぽつんと坂を歩いて登るのですが、真っ暗で時間がなくて、それでいくら歩いても坂ばかり。ここで出さなくてどこで出す!またしても「ランニングバカ力」発揮です。次ぎの集団まで数十メートル一気に走り登りました。その後、真っ暗な山の中を集団で必死にかけおりる。異様な風景です。

ゴールです
「やっと終わった」「やっと解放される」。隠岐の島のときは「やった走れた」と完走の喜びがあったけど、今回は疲れから解放されるうれしさの方が大でした。いやー今回は、生涯の地獄の苦しみベスト3にランクインです。

反省と課題です
(1)体重は70kg台であるべし 最重要課題
(2)筋トレをするべし 
   上半身含めもっと基礎の筋力が必要だなと感じました。
(3)やはり大会前月には200〜300km程度の走行が必要
(4)30km以上のトレーニング 
   筋グリコーゲンが枯渇した後のトレーニングが必要。
(5)平坦コース、起伏コース、大会に合わせて練習が必要
   いままで起伏コースばかりでやってましたが、
   富士五湖では平坦がメイン。ぜんぜん平坦で進めなかった。
   
良かった点
(1)気持ちのつなぎ方をいろいろ工夫できたこと(←小学生みたいだ)
(2)「遅くてもいいので、登り坂以外は歩かない」ができた。
   もし所々歩いていたら確実に残り10分35秒はなかった!

というわけで、無事2番勝負終了しました。応援頂いた方々ありがとうございました。
最後に後日談ですが。

翌日
帰り道。天気も良く意気揚々と高速を走ってますと、目の前にちょっとのんびりしている車の列があるじゃないですか。マラソンでは抜かれ放題だったこともあり、ついアクセルに力が入ってしまうんですよね。ブーンって。

060425_04.jpg集団を一気に抜いてふとバックミラーを見ますと、なにやらシルバーの大きな車が付いてくるじゃないですか。よくよく見るとサイレンがのっかってる…それも回ってるっ!あーー覆面パトカー!自分なんだと気付いた時には「はいー。そこの車パトカーに続きなさい!」と前方に回られてインターチェンジまで誘導です。渡鬼の角野卓造似のお巡りさんがやさしく「急いでたんですか? 罰金25,000円です」って。

お巡りさん「足痛そうですね」
わたし  「ええ、財布も痛いです」

じゃんじゃん。。トホ

2006年04月20日

いざ2番勝負。行ってきま〜す!

これからマラソンの準備をするので今日は早引します。
仕事も片付き、心置きなく走れそうです。

ところで天気はどうなんでしょう。yahoo天気によると
http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/19/4920.html

河口湖の日曜日の天気は、
晴時々雨(降水確率70%)
最高気温 19度
最低気温 11度
なるほどなるほど。雨具が要りそうですね。
晴天より曇りの方がいいな。

そしてペース配分ならぬ、気持ち配分としましては、
10〜30km  :筋肉に溜めたグリコーゲンを使ってスムースに走る。
30〜50km  :最初のがんばり所。とにかく半分までは走るぞ。
50〜70km  :フォームを崩さないように
       ゆっくりでも1歩1歩大事に走るべし。
70〜80km  :あきらめない♪あきらめない♪と唱えて走る。
80〜100km  :80kmまで走ったら後はど根性で完走できるはず。
と考えたはいいものの、あんまり役に立ちそうにない…

2回目の100kmマラソン挑戦ですが、心配というか、恐怖に近いものがあります。しか〜し、そんなこと言ってる場合じゃありませ〜ん。走るからには、絶〜〜〜対、絶〜〜〜対、完走しますー!
とは言え、あきらめたくなったらどうしよう…。いーえ、這いつくばってでもゴールします。
でも…、いや、(当日までに続く)

それでは、いざ2番勝負。行ってきま〜す!

2006年04月19日

大会まであと3日

やっと仕事が片ずく目処が立ってきました。3日後に100km走るだなんて想像がつかない。

その前に、まず富士山まで車で無事着くのやら。10時間ぐらいかな。結構無茶だけど、こういう時は途中ぶらぶらしながら車で行きたい気分なのです。。

こんなスケジュールです。
金曜日:朝早く出発 → 夜富士山に到着
土曜日:コース下見&のんびり
日曜日:大会 100km絶対走るぞ〜!
月曜日:帰りたいけど帰れるかな?無理だと思う。

体重は日曜日に計ったら83.5kg!しかし、その後カーボローディングといいつつ結構炭水化物食べてます。また増えてるだろうな〜。
060419.jpg

あ、それと、散髪屋さんに「こんどマラソンなので、早くなりそうな髪型に」って言ったら、角刈りライクな髪型になってしまいました。確かに早そうだけど、ちょっと。。

2006年04月10日

富士五湖に向けての最後のロング走

富士五湖に向けての最後のロングを土曜日に走りました。
隠岐の島前の最後のロング走と全く同じコース50km。詳しくはこちら→

そうです、あの時はレース2週間前にターサーという靴で全力走して、トホホの腱鞘炎に。その後chamaさんに教えて頂いた靴(ニューヨーク)とキネシオテープと皆さんの応援のお陰で本番を完走できたのでした。今回ニューヨークで同じコースを走ってびっくり、膝とアキレス腱が痛くならない。靴は大事なのだなと身を持って感じたのでした。chamaさんに感謝です。

前回とのタイム比較は以下の通りです。
time_060410.jpg

え?なぜ40kmって?それがその…お金がなくなりまして。
その日はなぜかやたらと喉が乾くのです。40km地点で喉がカラカラ、少々脱水ぎみに。ポケットに900円入れてスタートした見通しの甘さ、反省です。40km地点で残金60円、自動販売機で水分補給ができません…
money_060410.jpg

40km地点では、汗が出なくなり手がびりびり頭がボー、どうしても水が飲みたくて、田舎道にポツンとある中古車屋さんに入って、

私   「すみません。水をいただけませんでしょうか?」
お店の方「え?!飲むんですか?あら、大丈夫?」
私   「外のあのホースの水で構いませんので」
お店の方「いえいえ、ちょっと待ってよ」
と、コップに2杯頂きました。

江戸時代でもあるまいし今時見ず知らずの人に水を恵んでもらうだなんて、こちらも恥ずかしいですが、向こうの方もびっくりです。つくづく感謝の2杯でした。しかし迷惑なランナーです。


27007.jpgその後、数キロ歩いてまたポツンとある小さな商店に入ってついに妻にヘルプミー電話(10円)。水分が欲しいと残金50円玉を握りしめ商品棚を見回すに買えそうなものがない。ん?あると言えば、うまい棒、オレンジマーブルフーセンガム…。今ここでうまい棒を口にしたら、体中の水分をうまい棒に吸い取られて死んでしまう。。

という不様な最後のロング走でした。
要は、気合いが入ってないっ!水分補給の見通しの甘さだけではありません。前回は登り坂でも「なにくそっ」って諦めずに走っていたのに、今回は「あ、だめだ」とあっさり歩く始末。
体力も前回に比べて落ちてるのに加え、気力がこんなことでは完走できないぞっ!って反省するに、どうしたらいいのか…

レースまでの課題
・ハムストリングの強化
・2週間で体重3kg減。無理かな?(昨日84.5kg)
・今週はほどほど練習
・最後の週は体重が増さないようにカーボローディング
・絶対完走するぞと念じる

----------------------------------------
4月 8日 40.0km 起伏コース
4月 7日  9.0km さざなみコース
----------------------------------------
4月 1日〜7日 10.0km
----------------------------------------
合計 59.0km

2006年04月04日

焦ってきました(´-`;)

富士五湖まで残り18日。先月は157kmしか走れてないし、明日からまた出張。気持ちが仕事からスイッチできない。変な汗がでてきます…。まだ宿泊先も決めてないし、飛行機で行こうか車で行こうかまだ考えてる!?11時間かけて車でいくのは大変&危険かな。書いてるうちにまた焦ってきました(´-`;)。
とにかく宿泊先と交通手段決めて、今度の土曜日に40km走るっ!

----------------------------------------
4月 2日 10.0km 起伏コース
----------------------------------------
4月 1日〜2日 10.0km
----------------------------------------
合計 10.0km

2006年03月31日

3月も終わり

3月も終わりです。昨日出張から帰って来ました。今週は全然走れてなーい、土日がんばらないとやばいです。

----------------------------------------
3月22日 朝練7.0km
3月24日 朝練9.0km(56分)
3月25日 20.0km(2時間8分)起伏コース
----------------------------------------
3月 1日〜22日 121.0km
----------------------------------------
合計 157.0km

2006年03月22日

シーズン前半にもうひとつ挑戦

今月から練習を再開して感じた事は、体は急に作れないということ。残り1ヵ月の富士五湖がどうなるかわからないですが、仮に広がった毛細血管もレース後の2、3ヵ月でなくなってしまうことを考えるとなんだかもったいないなー、と。毛細血管があるうちに今シーズン前半にもうひとつチャレンジしようかと考え中です。

体が回復するまでに2ヵ月は必要ではないかと考えると今のところの候補は、

天体界道100km にちなんおろちマラソン全国大会 6月25日(日)
http://www.runnet.jp/runtes/detail.php?ses_competition_id=3717&ses_event_type_id=3670

『完走者の中から100kmの部1名に別荘用土地(100坪)と杉立木(50本)が当たる』って!?

2006年03月20日

もうこの手しか… 『晩酌自粛!』

日曜日にちょいロングを走りました。
このところ気がかりなのは金曜朝のホームコース走。走り始めた途端体がだるく、走る気力が起こらない。はじめての気分でした。たぶん疲れが溜ってるのではないかと。数カ月間も走らず、この1ヵ月で取り戻そうというのはやはり調子が良すぎるのだと思いました。体も困るはずです。

とはいえ、仕方がありません。少々の無理は聞いてもらわないと。
そういうこともあり日曜日はちょいロングで様子見したところ、やはりまだだるい、重い。隠岐の島の1ヵ月前はもっと元気があったような気が。

すこしでも体の負担を減らすために、できることの一つが体重減。今朝計ったら85.0kg(減ってなーい)。

そこでついに伝家の宝刀を抜くことに、朝練に次いで決めましたー『1週間の晩酌自粛!』。えっ、これが宝刀?しかも1週間かよ〜、って?突っ込んでます? ま、切れない小刀ですが、もうこの手しか…

レースまで残り一ヵ月。体重を70kg台にするぞっ〜1

----------------------------------------
3月19日 20.0km(2時間16分)起伏海岸コース
3月17日 朝練9.0km(60分)
----------------------------------------
3月 1日〜16日 92.0km
----------------------------------------
合計 121.0km

2006年03月16日

夜のトンネル考

雪も解け気温も上がったので、3日ぶりに朝練をしました。

最近は夜明け前5時40分ぐらいから走りはじめます。暗い中走るのでトンネルの明かりがあると安心します。(コース上にはトンネルが2つ)

でも、いつも思うのです「この照明もったいないな〜」と。たぶん夜間約12時間の通行車両は数台ではないかな。まるでわたしのために照明をつけてるんじゃないかと思うほどです。

走りながら想像しました。日本中にこんなトンネル何百本もあるんじゃないだろうか。日本中でトンネルの照明代はいくらなんだろうと。

そうだ、センサーを使って通行する時だけ照明がつくようになれば、電気代が半分以下ぐらいにならないだろうか。うんうんいい考えだ。

えーと、それを製品にするにはまずセンサーをどうするかだな、そして、そして…朝練が終るころには頭の中で自社ビルが建ってました(冗談)。。

でも私ごときが考える事、もうみなさん考えてますよね。じゃんじゃん。
http://www.fklab.fukui.fukui.jp/yk/download/h16/h16-9.pdf
http://www.8con.co.jp/topics/topics2.html

こういう極め細やかで環境によい技術を世界に広げるのが、日本の役目のひとつではないかなと思うのでした。なんちゃってー。

ランニング中っていろいろ考えますよね。

----------------------------------------
3月16日 朝練9.0km(55分)
----------------------------------------
3月 1日〜15日 83.0km
----------------------------------------
合計 92.0km

2006年03月13日

久しぶりの長めラン

久しぶりの長めラン30kmを日曜日に走りました。
コースは土手コース。平坦ということもあってタイムが予想よりも良く満足です。

ただ、20kmあたりから太ももとふくらはぎの後ろが痺れて、非常に痛い状態に。筋グリコーゲンがなくなってからガス欠になっているのではないかと。
毛細血管が全然足りない!?

----------------------------------------
05km 30分    30分
10km 1時間01分 31分
15km 1時間36分 35分
20km 2時間11分 35分
25km 2時間44分 33分
30km 3時間18分 34分
----------------------------------------
1kmあたり平均 6.6分

課題
・筋トレで筋繊維を増やして強くする
・朝練で毛細血管を少しずつ増やす
・体重を減らす
・起伏のある長めランを数回試す
って、普通にやらないといけないことばかり…

『春のランニングバカ』集中強化月間
----------------------------------------
3月 9日 朝練9.0km(56分)
3月11日 朝練9.0km(53分)
3月12日 30.0km(3時間18分)土手コース
----------------------------------------
3月 1日〜8日 35.0km
----------------------------------------
合計 83.0km

2006年03月08日

朝練はじめて2日目

朝練はじめて2日目。まだ道に走らされている気分です。
今朝走り終えてから体重計に乗ると、86kg体脂肪30%。

そこで妻に
私「少しずつ体重が減ってきてるよっ!」
妻「でもすぐに増えるじゃん」
私「・・・・・・」
朝から辛口です。目が覚めました。

『春のランニングバカ』集中強化月間
----------------------------------------
3月 1日 夜ジム5.0km(35分)
3月 4日 夜ジム3.0km(25分)
3月 5日 9.0km(57分)
3月 7日 朝練9.0km(55分)
3月 8日 朝練9.0km(54分)
----------------------------------------
合計 35.0km

2006年03月06日

春のランニングバカ始めましたっ。

初夏に冷やし中華がはじまるように、早春といったらランニングですよね!(いままで走ったことないけど)。

レース日4月23日を考えると、もうランニングバカ宣言しか手がありません。それも仕事のペースを壊さないためには、断酒&早寝&朝練しか…でも朝方まだ寒い。寒いの苦手。。

2006年03月05日

本日の体重です。減ってる!?

今日は午前中にホームのさざなみコースを走りました。
天候が陽気で気持ちがよかった〜。体も頭もリフレッシュです。

大会まであと1ヵ月半。体重間に合うかな。本日の体重です。
朝食なしで走った後の体重ですから、現在の瞬間最小体重です。

060305-2.jpg


待ってろよ〜!富士山。
ということで2月の空撮です。
060305-1.jpg


『蘇れ!毛細血管 春のランニングバカ』集中強化月間
----------------------------------------
3月 1日 夜ジム5.0km(35分)
3月 4日 夜ジム3.0km(25分)
3月 5日 9.0km(57分)
----------------------------------------
合計 17.0km

2006年03月01日

や〜〜〜〜〜と!仕事が落ち着きました。

久しぶりに書き込みをと訪れたのですが、ブログのログインの仕方も忘れてました。2ヶ月間更新なし、申し訳ございません。

1月3日から仕事を始め、3月1日やっと落ち着いてきました。1月は毎週東京出張で、土日仕事に、徹夜あり。6つのプロジェクトを同時に進めていたのですが、ほとんど皿回し状態。あっちがやばい、こっちがやばいと。それと毎週あるいろんな締切り…それも2月末で4つが終了、それと2月末決算もおわり、や〜と走ることを考えられるようになりました。

でも考えるのと、走れるのは違いますよね。考えた瞬間、いきなり富士山は無理かなーと。それと体重ですよね。。え〜と、え〜と、実は先々週90kgを超えてましたっ!わーい。

残り2ヵ月弱。
「蘇れ!毛細血管 春のランニングバカ」集中月間しかない…?

2006年01月03日

あけましておめでとうございます。

2日に走り初めをしました。ホームコース(ホームグラウンドみたいな)のさざなみコース9km。大会から2ヵ月ぶりのコース走は体の違いを感じさせます。体が重く昨年5月の走る前の感覚に近いのです。
確かに妻が新年早々私に言いました「長州小力みたい」って…。おお〜〜い!新年からそんな大袈裟なこと言って・・・と体重計にのってみると「体重86kg 体脂肪33%」。

ハイっ!気持ちをきりかえて!
一年の計は元旦にありです。先程RUNNETから2番勝負のエントリーを完了しました。「チャレンジ富士五湖」です。よ〜し計画たてるぞ〜。

【申込内容】
大会名:チャレンジ富士五湖
種目名:100km男子18歳以上
開催日:2006年04月23日

今年もよろしくお願いいたします。

2005年12月19日

寒中ランニングバカ?

こちら鳥取・島根は今日も雪が降り寒い一日になりそうですが、なんとも清々しい朝です。といいますのは雪道出勤ランしましたー!

出張で時間がないのと、雪が降り続くのもあって実は私の車はまだスノータイヤにしていないのです。車は田舎の唯一の交通手段でありまして、こういう時は会社までの3〜4kmを妻の車、もしくはじいさんの車かタクシーで送ってもらうのですが、妻は起きて早々「ごめん。時間がないから送れない。」の一言。何度もタクシー出勤をする身分でもないので、ここはいっその事走っていこうと決めたのです。ランニングバカ魂発揮です。

一応冬走り用の装備を準備していたので直ぐに着替え仕事の服と靴をリュックに詰めていってきまーす。
そうそう、走りながら思ったのです。道を歩いている人って目立つんだよなーと。
普段でさえ人が歩いていると目立つのに、雪道を走っている人など数年に一度見るかどうか。なんだか行き来する車の車内からびしびし視線を感じます。
そうしてる間に通勤路最大の難関であります高低差40mの大きな橋に。隠岐の島以来2ヵ月ぶりの初ロードランと歩道に残るたっぷりの雪でついに頂上手前あたりから歩いてしまいました。
すると車が止まり
親切な人「乗りますか?」
私「大丈夫です、トレーニングですので。ありがとうございます。」
へー、こういう人がいるんだな。と朝からちょっと感動。

走らないと交通手段がない人に見られるんだと(そうですが)、気合いを入れて走って峠越えです。会社につくと出発から約40分が経過。足も痛くなく、丁度いい汗です。

この調子だとロードラン再開できそうです。寒中水泳ならぬ、寒中ランニングバカしようかな。

2005年12月06日

富士山いいな〜

fuji.JPG最近出張が多く走れてません。リバウンドまっしぐらです。
出張のほとんどが東京で、いつも飛行機を使ってます。晴天の日は窓から見える風景を眺めながら、日本は綺麗だなーと思うのです。特に好きな風景は機内から見下ろす富士山。上から見る富士山は堂々としてて気品があるんですよね〜。その雄大で気高い姿を見ているといろいろ考えさせられるんです。リバウンドしてる場合じゃないって…(なんだそりゃ)

その富士山のまわりに宝石みたいにキラキラ光る池が点々と散らばってて、あーあれが、山中湖で、西湖で、と湖畔に思いが巡るのです。それって、もしかして「チャレンジ富士五湖」につなげる気じゃ?

富士山を見上げながら走ってみたいなーと思う今日この頃なのでした。

2005年11月28日

土曜日にジムへ

足の完治を待ってたら何ヵ月かかるかわからないので、走りながら様子をみようかと思い、土曜日にジムへ行ってきました。ゆっくりですが、痛みなく4.8kmまで走れました。やっぱり走れると楽しいですね。
走った距離 4.8km(42分 傾斜0)

2005年11月22日

ライバルのウエスタンハットに対抗して…

形から入るわたくしとしては、まずあのウエスタンハットに対抗する帽子をかぶりたいわけです。はい。つまり、沿道の方々がライバルよりも応援してくれる帽子なわけですね。たしか彼はこんなハット(→)をかぶっていたような記憶が…

それと、やはりイケメンに負けないカッコいいものがいいですよね。特にゴールの時に映えるものがいいです。あーと、グッドタイミングです。

昨日隠岐の島のゴール写真を買ったので一丁帽子シミュレーションをしてみましょう。

sim1.jpg
ロシア帽子

う〜ん。
井上陽水?
100km走ると汗を吸収してグダグダになるんじゃないでしょうか…
星1つ ★☆☆☆☆
sim3.jpg
中国帽子

結構いいかも。空気抵抗もすくない。でもエレガントじゃないですよね。もうすこしエスプリが欲しいところです。
星2つ ★★☆☆☆
sim4.jpg
ちょんまげ

おおっと、エスプリききすぎっ!果たしてちょんまげが100km持ちますかね〜。途中で折れませんか?それとまげ部分が風の抵抗に合うためスピードが落ちるんじゃないかな(←落ないって)
星2つ ★★☆☆☆
sim5.jpg
シルクハット

ふ〜ん、たしかにエレガントです。でもかなり怪しいです。応援してくれる子供が泣いちゃいます。
星1つ ★☆☆☆☆
sim6.jpg
アジアン帽子

農作業の帰りですか?みたいです。レース中に手伝いをお願いされそうです。
星1つ ★☆☆☆☆
sim7.jpg
ミニスカ帽子

あー、やっちゃった。この方向ですね。これをするなら服装もといいたいですね。タイーホされそうです。
星2つ ★★☆☆☆
sim2.jpg
メキシカンハット

おーーと!なかなかいいですよ〜。大きくてインパクトがある。それと親しみも。雨が降ってももう一人入れそうです。う〜んしかし、大きくて周りの人に迷惑です。それと風が吹いたら一発で飛んでゆきますね。
星3つ ★★★☆☆

お疲れさまでした。特にオチはありません。お楽しみ頂けましたでしょうか。
シミュレーションしてわかりました。やはり形ではないです、大事なのは中身ですね(なんじゃソリゃ〜)。

仕事がテンパるとよくこのように遊んで逃避するんです… 皆さんも、もしいい帽子があったら教えて下さ〜い(だれも教えてくれないだろうな…)。

それでは仕事に戻りま〜す。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。