2005年10月28日

ブログ・リニューアルしようかな?

大会から早5日。徐々に足のむくみ・痛みも取れ、階段の上り下がりもできるようになってきました。体の復調とともに、バーニングアウトしてた脂肪も、いやいや気持ちも、少しずつ持ち直してきました。

そうです、次ぎの目標です。
ダイエットの手段としてのウルトラマラソンだったわけですが、一度走ってみると辛いけど楽しいものだな〜と実感。まだウルトラマラソンの世界のほんの入口に過ぎませんが、せっかく歩んだ冥府魔道(←子連れ狼風、大げさ)、もう少し奥に進んでみるのはどうかなと思ってます。

そろそろブログ・リニューアルしようかな?

2005年10月26日

大事なことを忘れてました。

おーっと、大事なことを忘れてました。そうですよ体重ですよね。えーとえーと、月曜日に家に帰った時に計った体重です。

ジャーンって! ってオイオイ、減ってないじゃん。ふっ、ふっ増えてる!

051024_2.jpg

しかし、体重が増えて、体脂肪が減ってるって、どういうことなんでしょう。何が体重を増やしてるんでしょうかね。

そもそもダイエットが目的で、ウルトラマラソンがその手段としてはじめたわけですが、いつの間にか目的と手段が逆さになってしましました。

一番のカルチャーショックは、カーボローディング。食べてエネルギーを筋肉に溜めるという手法。いくらでも食べていいんだって調子にのりまくりでした。

ウルトラが終わったわけですが、あー恐い。恐い。絶対元に戻りますよ。

どうしよう、どうしよう…

やりました、完走しましたっ!13時間40分18秒。

やっと復活しましたっ!ご連絡が遅くなってすみません。
昨日まで右足首が腫上がって、それでまた太ももに力が入らないので寝てました。帰りのフェリーの中では立ち上がる時に、隣の人の背中を借りる始末。車の運転は左手で右足を持ち上げて、アクセルとブレーキを踏み分けてました。(あぶな!)


051023_1.jpgところで早速結果ですが…
やりました、完走しましたっ!13時間40分18秒。
うれしいです。感動です。うるうるです。
応援してくださった方々本当にありがとうございました。

率直な感想は…『いたたのしい』。痛かったの半分、楽しかったの半分。

痛かったのはアキレス腱の腱鞘炎。20kmあたりで再発して一時はダメかと変な汗が出て来てきましたが、なんとか完走まで耐えられました。

楽しかったのは、走りながらいろんなランナーの方々と知りあえて、楽しくお話ができたこと。ウルトラマラソンの雰囲気や景色を楽しめたこと、などなど。特にchamaさんご家族にお会い出来ていろいろとお話ができてうれしかった。それとDVDで知り合いになれたコウヅキさんにもお会い出来ました。

でも、たぶん痛いのはだんだんと忘れるので、楽しかったことが残っていくでしょう。


走行履歴です。
とにかく最大のテーマはアキレス腱。アキレス腱が爆発したら一巻の終わりです。祈る思いで走りました。

0〜20km 雨降る夜明け前、快調なスタート
とにかく右アキレス腱に神経を集中させて、負担をかけないよう丁寧に走ることに。以前Ogamanさんにコメントで頂いたように怪我の休養で疲れがとれているのか、不思議なぐらい問題なくスムースに走れました。

21〜30km あれれ…アキレス腱がおかしい。稲妻走る。
少しずつアキレス腱に違和感が…「あれあれ、やばいぞ、こんなところでリタイアなんて許されないぞ」と思ってるうちに、25kmあたりでアキレス腱に稲妻が走る「バキバキっ、ズキズキっ」。特に登り坂では立ち止まってしまう程に痛い〜。もうこうなったら最後の手段です。病院でもらった痛み止めを飲ませてもらいました(こんな展開になるかと、一応前日に事務局の方に痛み止めのことを聞いたら、非公認の大会なので構わないとのこと)。その後、痛みが和らぎなんとか走れるように。

31〜50km 欽ちゃん走り走法
とにかくこの31〜40kmあたりが前半のピークです。標高300mあたりまで登るのですが、痛み止めを飲んだとしても右足首が痛い。そこでいっそのことフォームを変えてみようと、いろいろと試みて落ち着いたのが、体を横に向けて、手を大きく振って…そうそう欽ちゃん?ん?そうだ、欽ちゃん走り走法。なかなかリズムをつけると坂を登れたりするんですよ。とにかく50kmまでは行ってくれと祈る気持ちで淡々と走り続けました。

50kmのレストステーション ここまで来れたなんて信じられない!
もうほとんどゴール気分、気持ちが高ぶって、食欲も高ぶって…カレー、隠岐ソバ、おにぎり3つ、味噌汁、バナナって、そんなに食うんかいっ!ってほどに食べました。
それにしても不思議なのが、膝と腰が痛くない。たぶんchamaさんにすすめられたニューヨークが衝撃を吸収してくれたんだと思います。

51〜70km 平坦がきつい
とにかく60kmまでは平坦が続くのでそこまで時間を稼ごうと走るのでですが、坂道よりも足が重く走れない。とにかく平坦がきついのです。ただ歩くのも情けない、恥ずかしい。なんとか頑張って60kmまで。そこからがまたきつい登り坂。後半はみなさん登り坂は歩くようになりました。登り坂を歩きながら、いろいろな人と話しました。おばちゃん、イケメン、ジモッチー。そんな中、白髪の老人が颯爽と登り坂を走り抜いていくのです。すごいっ!

71〜90km 不思議な事に体がなぜか動くのですね
私が精神的に一番きつかったのがこの区間。とにかく坂が延々と続く、勘弁してくれと思いました。痛み止めも切れてきてまたしてもアキレス腱に稲妻が走るのです。そこでもう一錠飲んでまたきんちゃん走り。そこでまたさっきのおばちゃん。

私「関門まで1時間ぐらい余裕があるので、もう大丈夫ですよね?」
おばちゃん「いいや、ゴールぎりぎりじゃないかな」
私「ほんとですか?」
おばちゃん「80kmあたりのタイムをみないとわからんね」

こんなにがんばってタイムアウトはしたくない。とにかく必死に走りました。不思議な事に体がなぜか動くのですね、我ながらびっくり。足はほとんど麻痺状態です。

90〜100km ゴール。すみません言葉になりません…
ゴールの港が見えてきた!10km迂回してゴールを目指します。最後の10kmに備えて自動販売機でコーラを買って飲んでると、おばちゃん、イケメンに追い抜かれました。それにしても、また坂です。嫌らしい傾斜で坂が続くのですが、おばちゃん、イケメン待て〜と走る事に。
真っ暗な中、高台から海を眺めると、漁り火の明かりや舟のあかりが見えるではないですか。
そうしてる間に、二人に追い付くことなく赤い橋を渡りゴールの体育館へ。「おかえりなさいっ」って街の人に応援されるとちょっと込み上げてくるものが…最後は赤い絨毯の上を走りゴールです。
あのゴールした瞬間の充実感、達成感はたぶん忘れられないと思います。日常ではなかなか感じられない瞬間でした。すみません言葉になりません。


タイムです。
20051023.jpg

コースはとにかくきつかったのですが、大会運営の方々のランナーへの心遣いはたいへん心に残るものでした。みなさんありがとうございました。

・スタートの時「ボーーー!」って、汽笛を鳴らしてくれたフェリーの方々
・朝5時に雨の中応援してくださった沿道の方々
・海沿いの真っ暗な道を海上から漁り火(イカ釣り船)の光で道を照らしてくれた漁師さん達
・通り過ぎる車の窓から大声で応援して街の方々
・真っ暗な道を車を止めてライトで道を照らしてくれた方々
・給水所で大声で応援してくれた高校生
・わかりやすい標識やガイドを用意頂いた大会運営の方々

その日の夕食に旅館に宿泊されているランナーの方々とお話しましたが、大会運営については全く問題ない、大満足のようでした。ただ今後の大会の盛り上がりについては賛否両論ありました。一方ではこの難コースでは人気が落ちるのでは無いかという意見。他方は、景色も運営もいい、難コースが反対に人気が出るという意見。私としては、後者であって欲しいと思っていますが、また走るかと聞かれると…今は答えがでてこない。。
年間6回のウルトラを参加されているベテランランナーの方が言われてたのは隠岐島のこのコースは日本の難コースの3本の指に入るとのことでした。

最後に、chamaさんにはたいへんお世話になりました。本当にありがとうございました。奥様も50kmを走られて、一緒にゴールを目指されるなんてすばらしいご夫婦だと思いました。また、そのがんばってる姿を応援するお子さん達。いい子に育たないわけがないです。
なんだかいいご家族だな〜と。あれ、うちも…がんばらなければ。。一応見送りには来たんですけど。。

さて、このブログどうしよう…もう肥満じゃなくて、やや肥満だし(?)、挑戦も終わったし。それと今後のウルトラマラソン…
そうそう、トレーニングで出来上がった毛細血管は2〜3ヵ月で無くなるようなのでまだ時間があります。体力の回復を待ちながら考えることとします。

みなさん、本当にありがとうございました。


ps.そうです。コウヅキさんがブログを立ち上げられたのです。コウヅキはさん50kmで29歳以下で2位を取られました。入賞、ブログ開設おめでとうございますっ!
のほほんラン
http://blog.kansai.com/nohohonrun

2005年10月21日

完走目指して頑張ります!行ってきま〜す。(^^)ゞ

いよいよ大会前々日となりましたっ!

いろいろと確認しています。え〜、ウインドブレーカーよ〜し、タブレットよ〜し、梅干しがな〜い、とか。ちょっとした大人の遠足気分です。

心配なのは足だけですが、全く痛みもなくなり日常生活は支障ありません。ただ走っていないので本番でどうなることやら…これからもう一度病院にいって見てもらいます。痛み止めももらっておこうかなと思ってます。

腱鞘炎と言われてから考えました、詰めが甘い、間抜け、へなちょこ、ドジ等等。自分のうすっぺらさをつくづく痛感いたしました。いろんな方々の練習具合をページで拝見し、わたしのような5月からスタートして、この程度の練習でウルトラマラソンに出るということは、本当に失礼なことだなと感じました。それとちょっとのトラブルで致命的な故障がでるのは当然のことだと…

しかし、最初20kmが走れなかったのが、60kmまで走れるようになったこと。9月に集中して270kmを走れたこと。ここまでやってこれたのもほんとうに皆様のお陰です。
オパさん、あっつんさん、chamaさん、RASCALさん、Ogamanさん、トン子さん、ゆらさん、コウヅキさん、ありがとうございました。
実際はひとりで走っていますが、なんだか皆さんと一緒に走らせていただいたような不思議な感覚です。感謝の気持ちでいっぱいです。

20kmでリタイヤしたらどうしよう、マジありえる、恥ずかしすぎる…ブルっブルっ、いーやど根性で絶対50kmまではいきます!いやいや必ず80kmまではいくぞー!ってそこまでいったら完走しかない。完走目指すしかありませんっ!完走しますっ!

たぶん午後から早退しますので、この書き込みが最後になりまーす。

完走目指して頑張ります!それでは、行ってきま〜す。(^^)ゞ

2005年10月18日

キネシオテープ ゲットです。

chamaさんに薦められましたキネシオテープを島根と鳥取でネット検索しましたところ1件出てきました(少なっ!やっぱり田舎)。そこに電話をし近所で購入できる所を聞ききましたら車で1、2分のスポーツ店を紹介してもらいました。

早速さっき買いに…

私   「こんばんは〜 電話したものですー」
店長さん「いらっしゃい」
私   「これがキネシオテープですか」
店長さん「ま、上がりなさいよ」(いきなり)
私   「え?」
店長さん「まあまあ」

奥の部屋には施術台が…

店長さん「ズボン脱いでうつ伏せになってください」
私   「え?施術してもらえるんですか」
店長さん「ええ、キネシオテープの指導員ですから」

なんと!ジャストインな出会いなんでしょう。こんな田舎でこの確率はすごい。

店長さん「貼り方わかります?」
私   「ネットで見ました」
店長さん「あれは1本ですが、いいのを教えましょう」

と貼ってもらったのがこれです。
じゃ〜ん。軽くなりました!(↓こんな足見たくない?)
001.jpg

貼ることで治療にもなるなどいろいろテープのことを教わりました。不思議なテープ。

chamaさん、ミナミスポーツさんありがとうございますっ!
こんなにみなさんに良くしてもらって、うるうるものです。
飲んでる薬が痛み止めなので痛み具合が分りませんが、腫れは少しずつ引いているようです。

今はできることをやるのみです。
後はみなさんが言われてる靴ですよね。只今探しております。

2005年10月17日

先生「腱鞘炎です。」

さっき病院に行って来ました。
といいますのは、1週間の出張で全く走って無かったので、日曜日に秋晴れの空の下軽く平坦コースを走ることに。そうしたら5km過ぎから右アキレス腱に違和感が出始め、10km走り終える頃にはフォームが変わる程の痛みが。
そして今朝起きたら痛みと腫れ…

先生「腫れてますね。それと、ぐじゅぐじゅしてます。」
私 「ええ」
先生「腱鞘炎です。」
私 「走れますでしょうか?」
先生「1週間で痛みはとれるでしょうけど、100km完走は無理です。」
私 「無理… え、えーっ!」
先生「たぶん100kmの後半に痛みが出てくるでしょう」
私 「……」
先生「飲み薬と貼り薬を出しときます」
看護婦さん 「がんばっくださいっ!」

先週のアップダウン50kmを無理してたといいますか、調子にのってたといいますか、大会2週間前にやった事も無い激しい練習しなければよかったと後悔すると同時に皆さんから頂いたアドバイスにありました体重があると怪我をしやすいという言葉が身に沁みてくるのでした。

ここまできたのですから絶対に走りますよっ!完走目指すぞ〜…ショボショボ… ←元気ない。先ずは安静にして1週間で治します。

しかしショックで仕事に手がつかない…

2005年10月10日

最後の長めランは、くねくねアップダウン

いよいよ最後の長めランです。

DVDを見てフムフムと納得してばかりではただの道路オタク、似たコースを走ってみることに。似たコースというのは、つまりこういう構造かな?漁港→上り坂→トンネルor峠→下り坂→漁港のくりかえし。

幸運にも同じエリアに「えびす-だいこく100kmマラソン」の海岸に同様のアップダウンコースがあったので、そこに決定しました。
島根半島日本海側の片道25km、往復50kmコース。
http://www.morinoc.com/ebisu-daikoku/map.htm


走り終えた感想は…とにかく泣きそうでした。。いえ、ちょちょぎれてました。

確かに朝にさざなみコース9kmでアップダウンは練習しているとはいえ、50kmを連続して走るのは未経験。体がどのようになるのかを体験したかったのですが、それがそれがとにか〜く痛い!

どこが痛いって、尻の筋肉。平坦60km走った時には全くなかった痛みです。特に痛いのが下り坂。一歩一歩下る時の衝撃が尻の奥にズシンズシンと響いてくるのです。

平坦とちがってアップダウンでは尻の筋肉を良く使うのでしょうね〜、って。今さらながらどうしようもない…果たしてあの痛みに耐えながら残りの50kmを走れるのか?!

その他、いつもの膝と腰がチクチクピキピキ。50km走り終えた時は、体がボロボロでした。

しかし、タイムを見るとなんと不思議なことが。なんと平坦60km走の時と全く同じタイム6時間1分。不思議だ〜。タイムは同じだけど疲れは1.5〜2倍ぐらいかな…

20051008-1.gif
60kmタイム


不安はたくさん残ってますが、これでやりたい事は全てしました。
残りの2週間弱は作戦会議。作戦?ってとにかく走るしかないんですけど…


10月の走行
----------------------------------------
10月 8日 朝50.0km(6時間1分)
10月 5日 朝9.0km(53分)+夜ジム筋トレ+ジム走4.8km
10月 3日 朝9.0km(50分)+夜ジム筋トレ+ジム走4.0km
10月 1日 朝9.0km(51分)
----------------------------------------
合計 85.8km

2005年10月05日

じゃ〜ん。DVDできました。

じゃ〜ん。できました。
「隠岐の島ウルトラマラソン ほぼ?全コース」DVD(無料)

051005_1857~01.jpg

初DVDにしては、なかなかいい出来ですよ〜。10km毎にメニューを作ってその箇所に飛んでいけるようにしました。

毎晩見てるので、だいたい40km辺りまで道を覚えたかな。
私「ふ〜ん、なるほどトンネルの向こうは…ブツブツ」
娘「父ちゃん、なに見てるの?」
私「道だよ」
娘「道見てたのしいの?」
私「たのしい…」
娘「お母さん!父ちゃん道見てたのしいってー」

と娘もあきれるほど道を見てます。
ま、だいたい眠たくなって40kmあたりで寝るんですけど。

本日ご希望の方々にお送りしましたー。
お役に立てれるといいんですけど。

ラストスパート月のデスクトップは瀬古選手で決まり!

いよいよ最終月です。季節も変わりデスクトップも衣替え。
練習も追い込みラストスパートです。そう、そうきたらもう彼しかいません。
鬼のラストスパートと言えば「瀬古利彦」さん。

今月のデスクトップは
じゃ〜ん
seko.jpg

ほんと言うと
きりっと走る瀬古選手よりも
悲愴感漂う宗選手が好きっ!

2005年10月03日

ジェットコースター!?…無理無理、弱気満々

日曜日に日帰りで行って来ました隠岐の島。ちょうどこの日はハーフマラソンの大会が催され、あちらこちらでウォーミングアップしているランナーの方々の姿が。そんな風景を見ながらウルトラもこんな雰囲気なのかなとちょっと気分が高まってくるのでした。

がっ!しかししかし…それも束の間、すぐにテンションは急降下。

レンタカーでウルトラマラソンのコース(らしきところ)をビデオを回しながら走ると、想像とぜんぜ〜ん違う…とにかく、くねくねアップダウン→くねくねアップダウンの繰り返し。
ビデオには「え〜!?、え〜!?まじ〜」という声ばかりが入っているのでした。

こちらの公式発表の高低図ではなんとなくアップダウンがあるのかな〜。でも平坦がメインなんだろうな、と勝手に甘く考えてました。
http://www.okinoshima-ultra.jp/course/

実際に目にすると違うものです。わたしには鬼のようなコース。中にはこんな上り坂が続くのってマラソンっじゃなくて登山なんじゃないですか?と聞きたい所も…

こんなジェットコースターみたいなコース…
やばい、60km走でちょっとできた自信がもうなくった…無理無理、弱気満々。

2、3ヵ月前に下見してたら練習の仕方もちょっと違ったかもと後の祭り。しかし、もう走るしかないのですっ!ここまできたら走るのですっ!

後で「弱気満々作戦一人会議」を開きますが、とにかく50kmまではほとんどがくねくねアップダウン。この50kmまでエネルギーをなるべく使わずにどう走れるかがその後の鍵を握るのかなと…

それと、一番思ったことは、タフな気持ちでなければ走れないだろうな〜と。「また坂か〜!」と思った時点ですでに気持ちの限界が近いのではないかと。だって、その後坂はいっぱいありますから!


先ずできることは、毎朝のさざなみコースをきちっと走るということと、あと一回の5時間走を同様のジェットコースターのようなくねくねアップダウンコースで走るということでしょうか。


また、どんなコースかは後日アップしますー。いまビデオを整理してますので。

そうそう、DVD「隠岐の島ウルトラマラソン たぶん?全コース」(無料)をご希望の方は
いのっちメールアドレス ultra100km@infoseek.jp
まで送付先をお送りくださ〜い。
※コースは「たぶん」ですので、ご了承ください。明らかに2ケ所違うところを走ったのがわかっています。

2005年09月29日

最後にやりたいことが…地の利を活かしていいですか?

あれ〜、今日も終わってしまった。月末は仕事が忙しく走れず…
なんとか300km行きたかったけど明日一日では無理そうです。残念ー!。ラスト一日がんばりま〜す。

ところで、いよいよ大会まで残り24日となりました。
60km走ったし、バカで300km弱走ったし、いろいろ試したし。
しかし、どうしても今やっておきたい事があるのです…

え〜と、え〜と、
ちょっとカミングアウトしますと、実は私ここの辺りに住んでるのです。

チャら〜ん!
2.gif

おいおい!隠岐の島に近いジャンって?
そうなんです、近いんです〜。

そこでやりたいことっていうのは、ちょこっと視察に行ってコースを全部ビデオに取りたいのです〜!(いいのかなこんなことして…)

練習しながら気づいたのは、コースに慣れるということはランニングにかなり影響があるのだなということ。例えば、この山の向こうがどうなっているのかを知っているのと知らないのとでは気持ちの面で雲泥の差かなと(言い過ぎ?)。経験・実力がない分、気持ちをすこしでも繋ぐために、コースを頭に入れおきたいのです〜。

地の利を活かしていいですか〜?って。
でも撮ったビデオは希望の参加者の方にDVDに焼いてお分けできたらなと考えてます(もちろん無料です)。上手く撮れるかな?DVD焼いたことないし。

>chamaさん もしお役に立つようでしたらお送りしますので〜。

今度の日曜日に隠岐に行きたいんですが、
日曜日は今年最後の草サッカーが…
え〜と、それと休み明けに仕事の締切りが…

どうする!どうする!試されるランニングバカ?


ランニングバカ集中強化月間
----------------------------------------
9月29日 -
9月28日 朝9.0km(47分)
9月27日 朝9.0km(50分)
9月26日 ジム走4.3km(35分)+ジム筋トレ
9月24日 朝60km(7時間24分)
9月23日 ジム走5.5km(35分)+ジム筋トレ
9月21日 朝9.0km(51分)
9月20日 朝9.0km(52分)+ジム走4.8km(35分)+ジム筋トレ
9月19日 -
9月18日 朝12.0km(1時間10分)
9月17日 -
9月16日 朝9.0km(49分)
9月15日 朝9.0km(51分)
9月14日 -
9月13日 -
9月12日 -
9月11日 朝40km(4時間21分)
9月10日 朝9.0km(50分)
9月 9日 朝9.0km(52分)
9月 8日 朝9.0km(50分)
9月 7日 夜ジム7.8km(55分)+夜ジム筋トレ
9月 6日 夜ジム筋トレ
9月 5日 朝9.0km(57分)
9月 4日 朝24km(2時間20分)
9月 3日 朝9.0km(54分)
9月 2日 朝9.0km(51分)+昼ジム筋トレ
9月 1日 朝9.0km(54分)
----------------------------------------
合計 275.4km

2005年09月26日

収穫多し!長めラン60km

24日予定通り長めラン走りました〜。結果は60kmを7時間24分。
60kmも走れただなんて自分でも信じられないです、ジ〜ン。ご先祖様ありがとう(←お彼岸なだけに)。最後55kmからは地獄のようでしたが、いろいろと収穫のあるランでした。

結果は以下の通りです。
20050924-1.jpg

このランでは先ず疲れを控えるということで、
途中休憩(3分=1分歩く+ストレッチ1分+1分歩く)を入れながら走ったのですが、その休憩とランニングを分けてみますと以下の通りです。
20050924-2.jpg

休憩を入れると、休み癖が出るのでは?と心配してましたが、実際にやってみると足がスッキリして気持ちも体もリフレッシュされた感じがありました。上のラップを見ても6分台が50kmまで続いてるので効果ありではないかと○。ただ時間がどんどん経過してしまうので、効率的な取り方を研究せねば。

いろいろ試した事については、

◇なんちゃってカーボローディング(当日まで炭水化物多め摂取)
いや〜こんなに炭水化物とったの久しぶりです。
え〜食べたものといえば
 ・ラーメン&チャーハン
 ・焼そば&ライス
 ・カレーライス&ラーメン
 ・パスタ&パン&ライス(←恐ろしい〜)
ダブル炭水化物って、「高校生かっ!」と言われそうです。3日間でやはり体重も増…
しかし、何となくですが、スタート時からエネルギー感があり、今まで20kmあたりでエネルギー切れっぽいところ、今回は30kmあたりまでスムーズに走れたような気が。カーボローディングで筋グリコーゲン満タンってありかも〜。

◇5km毎にVA・C・Eタブレットと梅干し摂取
良かったのかどうかの判断は難しいですが、なんとなく良かった気が。気分転換にもなりますし○。

◇その他
・20kmまでは真水で水分補給(問題なしってことで○)
・長休憩時のチタンテープ&ローション(効果?)

という具合にいろいろと参考になるランでした。一番の収穫は、40km以降体がどのようになるのかを体験できたこと。特に55kmからはペースが全く上がらない、ただ一歩一歩を歩くように走るしかありませんでした。それと、腰。腰が痛くなってフォームが崩れ、疲れが増す。ということが50km以降に。

そこで残り1ヵ月、実質2週間、最終課題としましては…
55km以降の走りをどう克服するか、そのために4つをがんばる〜(しか思いつかない)

(1)体重をもっと減らすー!目標77kg
(2)腰の筋肉をつける〜
(3)走るための筋肉をもっとつける and 強くする
   (筋トレ&長めラン&とにかく走り込む)
(4)体をもっと柔らかくする

ランニングバカ期間も残り5日、ラストスパートです!

ランニングバカ集中強化月間
----------------------------------------
9月24日 朝60km(7時間24分)
9月23日 ジム走5.5km(35分)+ジム筋トレ
9月21日 朝9.0km(51分)
9月20日 朝9.0km(52分)+ジム走4.8km(35分)+ジム筋トレ
9月19日 -
9月18日 朝12.0km(1時間10分)
9月17日 -
9月16日 朝9.0km(49分)
9月15日 朝9.0km(51分)
9月14日 -
9月13日 -
9月12日 -
9月11日 朝40km(4時間21分)
9月10日 朝9.0km(50分)
9月 9日 朝9.0km(52分)
9月 8日 朝9.0km(50分)
9月 7日 夜ジム7.8km(55分)+夜ジム筋トレ
9月 6日 夜ジム筋トレ
9月 5日 朝9.0km(57分)
9月 4日 朝24km(2時間20分)
9月 3日 朝9.0km(54分)
9月 2日 朝9.0km(51分)+昼ジム筋トレ
9月 1日 朝9.0km(54分)
----------------------------------------
合計 253.1km

2005年09月21日

次回の長めラン:疲労を抑えることと取ること

カレンダーを見ると、長めランはあと2回しか走れそうにありません。次ぎの予定は24日。ここではなるべく疲労を抑えることと取ることの2つをいろいろと試してみたいのですが、いったい何をしたらいいんだか…
とりあえずいろいろネットや本で調べたことを試してみようかと思ってます。

走行前
・走行まで完全禁酒
・炭水化物中心の食事にする(毎食ごはん2杯)
 (なんちゃってカーボローディング?:グリコーゲン蓄積)
・カキフライがいいみたいよ(グリコーゲン豊富)
・走る量を減らす

走行日
・3時間前までに食事を済ます
・運動直前にブドウ糖 (グルコース) 摂取を控える

走行開始
10〜30km 10km毎に3分の休憩
(1)1分ウォーキング+1分ストレッチ+1分ウォーキング
(2)VA・C・Eタブレット摂取
(3)塩なめる?

30km 15分の休憩
(1)2分ウォーキング+11分ストレッチ+2分ウォーキング
(2)足のマッサージ
(3)チタンテープやローション試す?
(4)VA・C・Eタブレット摂取
(5)塩なめる?
(6)エネルギーゼリー(ブドウ糖摂取)
(7)飲む梅干(クエン酸摂取)

30km〜 10km毎に3分の休憩
(1)1分ウォーキング+1分ストレッチ+1分ウォーキング
(2)VA・C・Eタブレット摂取
(3)塩なめる?
(4)ブドウ糖タブレット摂取

30kmでしっかり休憩をして、その後どのぐらいのペースと気持ちで走れるのかを実感してみたいと思ってます。

それにしても、体はわがままですよね脂肪よりグリコーゲンがいいとか言って、脂肪はいっぱいあるので是非ともそれを使って欲しいものです。
しかし、カーボローディングってどうなんでしょうか。せっかく痩せたのに太らないんでしょうか。そんなに食べてもいいのかな〜♪ なにかおかしなことになっている…


ランニングバカ・メモ
----------------------------------------
長距離走者の生理科学
生理機能特性とトレーニングの科学的背景
平木場浩二 編
杏林書院
----------------------------------------
◆疲労のメカニズム
(1)蓄積説:筋疲労は、筋内に代謝産物が蓄積することで疲労する
乳酸生成→乳酸イオン+水素イオン→水素イオン蓄積→pHの低下(酸性化)
・酸性化が進むとエネルギー生産効率が下がる
・神経から筋への信号伝達効率が下がる

(2)枯渇説:筋内のエネルギーが枯渇することで疲労する
エネルギー源=糖質(血液中のブドウ糖+肝グリコーゲン+筋グリコーゲン)+脂肪
・グリコーゲンはブドウ糖の貯蔵形式
・肝臓に300〜500kcal、筋全体に1,500〜2,000kcal貯蔵されている。
・最大酸素摂取量の60〜70%で筋グリコーゲンは2時間でなくなる
・グリコーゲンがなくなると、血糖と脂肪をエネルギーにする
・しかし血糖と脂肪はグリコーゲンに比べエネルギー産生速度が低い
・するとペースが落ちる

◆耐久性トレーニングによって疲労しなくなる

(1)筋線維組成が速筋型から遅筋型へ変化する
遅筋型は疲労耐久性に優れた筋
(2)毛細血管が増える
血液からより多くの酸素を得ることができ、CO2や乳酸も除去できる
(3)ミトコンドリアの数と大きさが増大
筋のエネルギー代謝が高まる→グリコーゲンの消費が抑えられる
(4)乳酸を運ぶ乗り物が増える
乳酸輸送担体が増え、乳酸の酸化や乳酸除去が増加される
(5)上記のことで、脂質の貢献度が上がり、糖質が下がる

耐久性トレーニングによって
・筋の脂肪利用能力が高まると同時に筋グリコーゲンの節約ができる
・活動筋の乳酸の生成量の減少と除去量が増加し、乳酸蓄積を抑えられる

◆乳酸性閾値(Lactate threshold,LT)
乳酸が蓄積されはじめる運動強度(速度)
この閾値以内は、酸素が十分供給される有酸素運動なので
乳酸は水と二酸化炭素に分解され乳酸は蓄積されない。
閾値以上になると、無酸素運動となり急激に乳酸が蓄積される。
----------------------------------------
結局、トレーニングをしなさいということなのですね。













今朝ラン後、帰宅しましたら

今朝ラン後、帰宅しましたら

私「おはよう」
妻「おはよう。お風呂入れてるから」
私「ん?どうした」
妻「今日寒かったから」

おーとっと、朝ランはじめてのできごとです。これはめずらしい〜。
う〜んなんでしょう、キャンプの時に作った(コゲコゲの)ポトフが効いてるんですかね…といろいろ考える朝でした。

でも、大会に家族はいかないことに決まりましたが…


ランニングバカ集中強化月間
----------------------------------------
9月21日 朝9.0km(51分)
9月20日 朝9.0km(52分)+ジム走4.8km(35分)+ジム筋トレ
9月19日 -
9月18日 朝12.0km(1時間10分)
9月17日 -
9月16日 朝9.0km(49分)
9月15日 朝9.0km(51分)
9月14日 -
9月13日 -
9月12日 -
9月11日 朝40km(4時間21分)
9月10日 朝9.0km(50分)
9月 9日 朝9.0km(52分)
9月 8日 朝9.0km(50分)
9月 7日 夜ジム7.8km(55分)+夜ジム筋トレ
9月 6日 夜ジム筋トレ
9月 5日 朝9.0km(57分)
9月 4日 朝24km(2時間20分)
9月 3日 朝9.0km(54分)
9月 2日 朝9.0km(51分)+昼ジム筋トレ
9月 1日 朝9.0km(54分)
----------------------------------------
合計 187.6km

2005年09月20日

残り10日、ランニングバカに集中!

ほんとうは3連休、走り込むべきなんですが、家族でキャンプに。テントを張りながら、頭はいつどこを走ろうかでいっぱい。なんとか往復12kmコースを決めたのはいいものの、雨が降ったり、疲れたりで1日しか走れなかった…。ちょっと中盤ゆるんでる、やばい。残り10日、ランニングバカに集中!


ランニングバカ集中強化月間
----------------------------------------
9月20日 朝9.0km(52分)
9月19日 -
9月18日 朝12.0km(1時間10分)
9月17日 -
9月16日 朝9.0km(49分)
9月15日 朝9.0km(51分)
9月14日 -
9月13日 -
9月12日 -
9月11日 朝40km(4時間21分)
9月10日 朝9.0km(50分)
9月 9日 朝9.0km(52分)
9月 8日 朝9.0km(50分)
9月 7日 夜ジム7.8km(55分) + 夜ジム筋トレ
9月 6日 夜ジム筋トレ
9月 5日 朝9.0km(57分)
9月 4日 朝24km(2時間20分)
9月 3日 朝9.0km(54分)
9月 2日 朝9.0km(51分) + 昼ジム筋トレ
9月 1日 朝9.0km(54分)
----------------------------------------
合計 173.8km

2005年09月16日

今朝ランの話し

今朝6時頃、いつものように夜明け前の真っ暗な中、スタート地点でストレッチをしてた時の話です。

秋になって空気が澄んだのでしょう、今朝は驚くほど星がきれいなので、車に両手をついて星空を眺めながらアキレス健を伸ばしてたんです。

星座を追いながら頭上あたりに目をやると…
大きな光が頭上から前方に向かってゆっくりと動いてるではないですか。飛行機にしては光が大きいし、特に点滅してるものもないので、大きな?人工衛星なんだろうと思い数秒間眺めていたのです。

すると、なんと!ちょっと光が大きくなった後、す〜っと消えていったのです。

なんですかこれ?これってUFおお〜〜!

人工衛星で光が消えたりするんでしょうか?だれか教えて〜
その後、街灯一つない真っ暗な海岸沿いの林道をきょろきょろしながら走ってました。実はびびってました。

そうだ、もしUFOさんなら「タキオン・ビーズ」を足に入れて欲しいなー。(畳にも)


ランニングバカ集中強化月間
----------------------------------------
9月16日 朝9.0km(49分)
9月15日 朝9.0km(51分)
9月14日 -
9月13日 -
9月12日 -
9月11日 朝40km(4時間21分)
9月10日 朝9.0km(50分)
9月 9日 朝9.0km(52分)
9月 8日 朝9.0km(50分)
9月 7日 夜ジム7.8km(55分) + 夜ジム筋トレ
9月 6日 夜ジム筋トレ
9月 5日 朝9.0km(57分)
9月 4日 朝24km(2時間20分)
9月 3日 朝9.0km(54分)
9月 2日 朝9.0km(51分) + 昼ジム筋トレ
9月 1日 朝9.0km(54分)
----------------------------------------
合計 152.8km

2005年09月15日

溺れる者はタキオンをもつかむ?

課題にあげました「どのようにしたら疲れが溜らないのか」ですが、以前読んだ「泣いて笑ってウルトラマラソン(著者 笹原秀計)」で笹原さんが疲れないようにと使っていた「タキオン・ビーズ」というもの。前からすごく気になってたんです。

そこで調べてみました。
----------------------------------------
「タキオン」
http://www.genpaku.org/skepticj/takionic.html
http://www.memorialworld.jp/~tachyon/
----------------------------------------

う〜ん…

それにしても、このページの一番下のタキオン畳(1帖20万円)。ウケタ。
http://www.memorialworld.jp/~tachyon/introduction.html

タキオン・ビーズを足に貼ると宇宙から超光速エネルギーが私の足に入って来るようなのです…

確かに、溺れる者はタキオンをもつかむ?気分ですが(↑笹原さんは違いますが)。

え〜、ちょっと…ムリ

歩く姿はロボコップかブレークダンサーか?!

出張から帰ってきました。
初日はたいへんでした。道をすれ違う人や打ち合わせのお客さんも
どうしたんだろうという目で見てました。
歩く姿はロボコップかスローに動くブレークダンサーかってところでしょうか。

長めラン後、温泉&マッサージ(男性)をしてもらったので、筋肉痛はある程度とれたのですが、ひざがチクチク痛いという症状がでてました。

こんな限界を知らされた40km走でしたが(いつも限界…)、
残りの日数からそろそろ最後の修正時期でしょうか。

40km時点での問題としては以下の通りです。
(1)足の疲れが激しい。あとがんばってもMAX10km。
(2)35km過ぎから腰に鈍痛を感じる。
   走るほどに痛さが増すような雰囲気。
(3)練習後ひざの全面筋が痛い。
(4)太もも裏の筋肉が痛みはじめていた。
(5)30kmあたりで2回貧血。車にひかれそうになった。

と、このままですと、がんばっても50〜60kmでリタイアでしょうか。

そこで最後の修正課題は
(1)基礎体力を継続して強化してゆく
   ・朝ランの継続
   ・筋トレのサーキット回数を増やす
   ・傾斜のあるやや長目コースで練習
(2)どのようにしたら疲れが溜らないのか(乳酸蓄積防止)
(3)どうしたら短時間で疲れをとれるのか(乳酸除去)
(4)痛みやすい部位の強化
   ・太もも裏
   ・ひざ
   ・腰

残り日数を考えると基礎体力をつけるのにも限界があるので
テクニカルな(2)(3)の対策があったら知ってて損はないのではないかと思ってます。そんなのあるのかな〜。

ランニングバカ集中強化月間
----------------------------------------
9月15日 朝9.0km(51分)
9月14日 -
9月13日 -
9月12日 -
9月11日 朝40km(4時間21分)
9月10日 朝9.0km(50分)
9月 9日 朝9.0km(52分)
9月 8日 朝9.0km(50分)
9月 7日 夜ジム7.8km(55分) + 夜ジム筋トレ
9月 6日 夜ジム筋トレ
9月 5日 朝9.0km(57分)
9月 4日 朝24km(2時間20分)
9月 3日 朝9.0km(54分)
9月 2日 朝9.0km(51分) + 昼ジム筋トレ
9月 1日 朝9.0km(54分)
----------------------------------------
合計 143.8km

ランニングバカ・メモ
----------------------------------------
ランナーズ バックナンバー 2003.7〜2003.9
出版社 株式会社ランナーズ
----------------------------------------
・走った時のひざの外がいたいのは「腸脛靱帯炎」
 走る前のストレッチを入念に行う
・15km以上走ると翌日腰が痛むのは筋肉性の腰痛
 ぶらさがりを行って腰筋と背筋を鍛える
・坐骨神経痛の腰痛は痛くない程度に走る
----------------------------------------

実はランナーズの2年分バックナンバー買っちゃいました。
バカ丸出し…

2005年09月11日

休日の長めラン。距離は30でも35でもなく…

なんだか上半身だけドタバタしてます。

急に本日最終の飛行機で出張になりまして、そして今日は長めランの日。上半身は出張の準備で忙しいんですが、足が…うごかない。

そうなんです。今日朝6時から走りました。
距離は、え〜と30でも35でもなく40キロっ〜!。
ちょっと神風ならぬバカ風がふいてきまして…

以下、タイムです。
----------------------------------------
0km  :0分
 ↓30分 6分/km
5km  :30分
 ↓29分 5.8分/km
10km :59分
 ↓32分 5.3分/km
15km :1時間31分
 ↓32分 5.3分/km
20km :2時間3分
 ↓35分 7分/km
25km :2時間38分
 ↓35分 7分/km
30km :3時間13分
 ↓33分 6.6分/km
35km :3時間46分
 ↓35分 7分/km
40km :4時間21分
----------------------------------------
平均 6.5分/km

今回は、ちょっと考え方を変えてみました。
今までは幼稚に足が疲れたら、疲れたよ〜と足=頭だったんですが、ちょっとデカルト的に体を乗り物感覚で見てみようと思いまして。
「我思う、ゆえに我あり」つーのがありますが「我、足が走るのを思う、ゆえに我あり」みたいな(なんだそりゃ)。

頭「今日は長目ランよろしく」
足「お手柔らかに」
頭「きみは足だろ」
足「そうでした、お足柔らかに」
頭「なんだそれ」

みたいな会話をず〜と、やって走ってきたのです。
え?ただの独り言?大丈夫?

特に17.5km地点での頭と足のやり取りはたいへんでした。

足「やっと折り返し地点ですね」
頭「いや、いや、35も40キロも変わらないだろ」
足「そんなことないです。もうヘトヘトです。」
頭「そこをなんとか頼むよ〜、がんばってみないか!」
足「いやいや、帰れなくなりますよ」
頭「じゃ、走った後サウナでマッサージするから」
足「え〜、男性ですか女性ですか」
頭「どっちでもいいだろ!」
足「じゃ走りません」
頭「わかったよ、足ツボつけるから」

みたいな(会話が長いっ!)。
これをコギト走法と名付けました(どうでもいいって)。

いろんな課題が出てきましたが、また後日まとめます。

出張の準備もできたので、これからいってきま〜す。


ランニングバカ集中強化月間
----------------------------------------
9月11日 朝40km(4時間21分)
9月10日 朝9.0km(50分)
9月 9日 朝9.0km(52分)
9月 8日 朝9.0km(50分)
9月 7日 夜ジム7.8km(55分) + 夜ジム筋トレ
9月 6日 夜ジム筋トレ
9月 5日 朝9.0km(57分)
9月 4日 朝24km(2時間20分)
9月 3日 朝9.0km(54分)
9月 2日 朝9.0km(51分) + 昼ジム筋トレ
9月 1日 朝9.0km(54分)
----------------------------------------
合計 134.8km

2005年09月09日

ランニングバカ期間もすでに1/3

ランニングバカですかっ〜!!
バカ期間もすでに1/3が過ぎようとしています。
いまのところまあまあかな。ってそこがまだバカになりきれてない!
バカからは「まあまあ」なんて言葉は出ませんよね。
すでにバカワードが4回出てます。バカバカうるさいです。

ところで、あっつんさんのバカっぷりには思わずジ〜ンとさせられました。
デパートへ雨の中Gパンで4km
http://app.blog.livedoor.jp/piapiamimi/tb.cgi/50025936
たぶんわたしの歴代ランニングバカのベスト3にランクインです。
この「走っちゃえ!」と自然に足が走りだしてしまう。
これが本当のランニングバカ道(いつの間にか道になってるよっ!)。見習わなければ。

さて明日からは期間中2回目の長目ランの土日です。
30km級の新しいコースを作らないといけません。
目標は…30km、いや35km、ん〜。
うじうじするな〜。
35km目指します!

ランニングバカ集中強化月間
----------------------------------------
9月 9日 朝9.0km(52分)
9月 8日 朝9.0km(50分)
9月 7日 夜ジム7.8km(55分) + 夜ジム筋トレ
9月 6日 夜ジム筋トレ
9月 5日 朝9.0km(57分)
9月 4日 朝24km(2時間20分)
9月 3日 朝9.0km(54分)
9月 2日 朝9.0km(51分) + 昼ジム筋トレ
9月 1日 朝9.0km(54分)
----------------------------------------
合計 85.8km


ランニングバカ・メモ
----------------------------------------
知識ゼロからのジョギング&マラソン入門
著者  小出義雄
出版社 幻冬舎
----------------------------------------
・ウェアやシューズ、体力があるなしなど関係ない
 走ることを楽しいと感じることが一番だ
・一直線上に足をつくのが最も合理的な走り方
・ランニング中に腹痛が起きても危険はない
 ペースを落とすか腹部を指で押す、深呼吸する
・バリエーションに富んだコースを持つといい練習ができる
・レースの2週間前からトレーニングを落とす
・スタート1時間前からウォームアップ
・レース中は喉が乾いてなくても少しずつ水を飲む
・雨の日は皮膚にワセリンを塗っておくと水を
 はじいてくれるので冷えない
・マメができたときはなるべくフォームをくずさず
 走り通した方がいい
----------------------------------------
スポーツは型から入るというのをよく聞きますが、
小出監督は気持ちを一番大事にしていることがわかりました。
楽しい気持ちがあって走り続ければ、その人の体にあったフォームや走り方が自然と型になっていくそうです。なるほどです〜。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。