2006年10月20日

今日は人間ドックの再検査。結果は…

怒濤のブログ更新です。
今病院から帰ってきました。今日は人間ドックの再検査。丹後の前に受けた人間ドックの結果、便潜血(便の中に血が混じっている)が2日連続で出たので、要再検査となりました。今日がその日です。

検査の内容は、大腸ファイバー(カメラ)を肛門から挿入し大腸の奥までを視覚的に異常がないかを調べます。ポリープがあったり、最悪は癌腫瘍なども見つかるようです。

今朝は朝から2リットル!!の下剤を飲み、全ての宿便を出し午後から検査を受けました。

最近言われるのです「急に痩せたよねー。大丈夫?病気じゃないの?」って。いやいや、これはウルトラが効いてるんですと言いつつ、内心不安がよぎります。確かに急なんだよなー。
それと、四万十川では今までになく腹の調子が悪くトイレに行ったもんなー。なんて、車の中でいろいろ考えてると、些細なことも心配に繋がります。

そうしてる間に予約の時間。憂つな気分で検査室の前の椅子で待ちます。どんなカメラなんだろうな…。太巻きみたいなのだったら入らないよな。いや、もしかして入るのかな?。どんな格好で入れられるんだろうか…。横向きかな、仰向けかな。四つんばいだけは勘弁してほしいな。など妄想が広がってると。「いのっちさん どうぞ」。

検査室の中はいくつかのブースに分かれており、1人入れる小さなところに通されました。「このパンツを履いてください。上着はこれです」手渡されたパンツはお尻側が社会の窓のように大きく口が開くようになっています。まずは良かった。下半身なにもつけないのは恥ずかしい。

そして準備が終わるといよいよカメラ室です。そこには別の医師がおり、その人が挿入役のような雰囲気です。その人がいきなり

医師「○○高校ですよね?」
私 「はい」
医師「○期同級のYです。お久しぶりです」
私 「ん!?」
良く見ると見たことある顔だ。
私 「うわ!ほんとだ。なんでここに?!」
医師「いやー、浪人した後、パチプロとかしながら、医大に入って、院にもいって。。」

と、準備をしながら彼は昔の話を楽し気に話してきます。わたしといえば、やばい、同級生にぶっこまれるなんて想像もしてなかったぞ。なんだ、どうなんだ。どうなってんだ!?なんてあたふたしてると、

医師「はいー、横向いてください。」
医師「肛門にゼリー塗りますよー。」「はい、指入れますよー」

同級生は躊躇いもなく肛門にゼリーを塗り、指をぐにゅっと挿入。そしてグルグル回します。「う、う〜」と声が。
なんてこった同級生にロストバージンかよ…。
もうその瞬間観念しました。しっかり彼に見てもらおうと。

指の後、ファイバーを挿入し、彼は丁寧に説明しながら大腸の奥に進めて行きます。「あいつ今あそこにいるんだよ、それと○○先生はあそこにいる」「へ〜、そうなんだ」って、居酒屋ならわかりますが、自分の大腸の映像を見ながら高校時代の話に花を咲かせるだなんて思ってもみなかった…。

ファイバーが大腸の往路を終わろうとする頃「うん、大丈夫だね。癌腫瘍、ポリープ一切ない。きれいな腸だよ」。その言葉を聞いて、ホっ!とひと安心。

「ちょっと待ってよ、これは凄い傷跡だ。なにか病気した?」その映像を見ると大腸の中に蜂の巣ようにでこぼこした部分があります。「たぶん20歳の時にインドにいってかかった赤痢かな」。
そうなんです、実はわたしは20歳の時、21日間のインド一人貧乏旅の最初の3日目に赤痢にかかり、地獄のインド旅行を経験したことがあるのです。これがわたしの地獄の体験ベスト1なのです。
「こんなの教科書でしかみたことないよ、健康には全く問題ないけど、大変な炎症だ。辛かったんじゃないの」。わたしはその映像を見ながら沸々とインドリベンジの思いが沸き上がってくるのでした。赤痢菌め、よくもあの時は苦しめてくれたな。絶対リベンジにいくからな、って。

検査終了後、診察している曜日を教えてくれて、気軽に電話や遊びにきてよと言葉をもらいました。ありがとうY君。ロストバージンを君に捧げてよかったよっ!

その後、別の医師から正式な診断結果を説明してもらい、異常がないことを確認しました。今後3年は検査がいらないでしょうとも言われました。なぜ便潜血が検出されたのかを聞くと、たぶん肛門が切れてたか、その時腸のどこかで出血してたかです、とのこと。切れてたのか。。

とにかく、よかった。
これで安心して走りを続けられます。

2006年10月19日

ウルトラ遠征おみやげ考

ウルトラ遠征と言えば観光とお土産がつきものではないでしょうか。わたしはいつも家族をおいて行くものですから、うしろめたさもありお土産選びにはつい力が入ってしまいます。高速のサービスエリアや道の駅など、主なお土産スポットのチェックは必須です。

しかし、なかなか納得のいくお土産は見つからないものです。食べ物のお土産は佃煮系、麺系、お菓子系などだいたい地方毎にバランスよく品揃えしてあるのですが、問題なのはキーホルダー系です。やはりお土産と言えばキーホルダーですよね!(←同意求める)。わたしはいつも子供達にキーホルダー系を欠かさず1つ買って帰ります。

最近地域限定版ものを良く見ます。例えば、キティーちゃんの高知県限定版とか香川限定版など。キティーちゃんがお遍路さんの格好してたりします。しかしこの全国版キャラクターのローカライズしたものにはどうも手が伸びません。う〜ん、なんて言うんでしょう。地元の魂を感じないというか…(←大げさ)。

そしてローカル色がないもの。例えば、サーフボードのキーホルダーなどは海岸近くの観光地であればどこでも取り扱えます。これはお土産とは言い難い。

また実用的なものにはロマンがありません。くつべらのキーホルダーなど(←いまどき見ないよ!)。そういう点では、少々扱いに困るぐらいの存在感がある方がいいですよね。
極端な例では、京都の新京極で売っている日の丸の腕章みたいな。これどうしたらいいのっ?ってものです。またオーソドックスな例としてはお土産の定番でありましたペナント。行ってもないのに部屋に貼るしかありません。なんと図々しい存在なのでしょう。
キーホルダーで言えば、ランドセルに付けて行こうかな、いやちょっと恥ずかしいな的な微妙なカテゴリーでしょうか。

今回の四万十川遠征でも探しました。四国は地産が成り立つ適度なマーケットがあるようで、ローカル色のあるお土産が多いことが分り、段々と期待が膨らんできました。

そして見つけたのです。出会ったのです、納得のキーホルダーに。
手に取るとずしりとくる重量感、もうそれだけで捨てずらい。かつての超合金的な存在感。そして四国でしか売れないパーフェクトなモチーフ。最後に手作り感のある手の混んだ細工。きっと年末のいのっちお土産アワードに入賞することでしょう。

061019.jpg

ちょうど四万十川の上あたりにあります方位磁石。これがアクセントとして効いております。これを持って見てると四国に行ってきたんだなと実感する逸品です(行った人は)。

さて、子供達にそれぞれ渡した時の反応です。

長女:お土産の袋から出し、一瞬目が点になってまた袋に戻しました。
次女:手に持って方位磁石を見ながらぐるぐる回転してました。
長男:「これマラソンのメダル?」と意味不明なことを言っておりました。

ぜひランドセルにつけて登校して欲しいものです。って、つけないかー!?

今後も納得のお土産を見つけましたらご報告いたします。

追伸:裏面にもしっかり4つの観光スポットが。
061019-02.jpg

2006年10月18日

5番勝負完走記〜当日編〜

大会当日。満員のシャトルバスからスタート会場に降りると霧が立ちこめ、太鼓♪の音がするじゃないですか。お〜〜出陣じゃ〜、って感じ。会場の中学校校庭はランナーでいっぱい、トイレには列が何本もできています。こんな大勢の人達(100km定員1500人)と走るのは初めて。特に緊張などはなく袋を預け早めにスタート地点に向かいます。

スタートです
3番勝負の後に思いました、スタートは前の方がいいって。前の方にいると早い人達になんとなく引っ張られタイムが上がるような気がします。他力街道まっしぐらです。
しかし今回は半端じゃなかった…。位置取ったのは1500人の集団の前からなんと5列目ぐらい!(←バカ)。招待選手が目の前にいるじゃないですか。後ろを向くと、うおーすごい人だー。霧とライトと大群衆でなんだか映画みたいだぞ、ってなんの映画?。まっ、なんとかなるさと、カウントダウンでヨーイドン!です。

0〜10km
いきなり早え〜。みなさん猛烈です。転んだら最悪、小刻みに早く走らねば。
少し行くと、数百メートルに渡って道沿いにキャンドルライトが置かれてるじゃないですか。なんてロマンチックなんだー。主催、ボランティアの方々のアイデアと苦労に感謝感激です。白々と夜が明けてくると山の稜線が表れ、谷の奥に向かっていることがわかります。
そうしてる間に心臓が…。心拍数上がってます↑上がってます↑。みなさん早いです。しかしここはついて行きます。ガンガン攻めます。結局最初の10kmは目標を4分上回る56分。ん!?56分って早すぎない。

11〜20km
さーて、いよいよ山登りです。15kmまではこのままのペースを維持。勾配が大きくなったら調整しよう。すると15、16kmで徐々に傾斜が付いてきました。まわりをみると、えー、全然ペース変わってませんよー。歩いてる人が全くいない。負けじとガンガン攻めました。すると、なんとなんと!走って頂上21kmまで上ってしまった。心拍数は練習でも出さない160bpm越え。クレイジーだ。乳酸貯まりまくり、貯時間も貯まった〜。よーし♪よーし!?。

061018-02.jpg

21〜30km
下りだー。と全身チェックすると、なんだか左足に違和感あり。足を壊さないように慎重に慎重に下りて行きます。とにかく平坦になるまで安静に走ろう。それにしても、全般みなさんペースが早いので話してる人がいない。黙々と走ってます。とにかく左足を守るように走ります。下り坂の恩恵もあり早めのタイムでまずは順調。

31〜50km
061018-01.gifここの20kmが猛烈にきつかったのを覚えています。走ってると徐々に左足裏のアーチのところが痛みます。丹後と同じところ。とにかく貯時間を崩さず50kmまで行こう。って、思っても崩れてきます。全くスピードが上がりません。山登りで乳酸が貯まったのと左足が痛い事、この2つで思ったように進めません。結局50km地点で貯時間が3分しかない。
しかしなぜなのでしょう、まだ余裕で考えてました。キロ7分を維持してゆけば12時間を切れるって。今考えるとありえません。なぜかその時はテンションが高くて自信満々なようです。

51〜70km
とにかく、一歩一歩のピッチとストライドをしっかり意識して進む。痛い一歩だけれど、この一歩を踏まなければ次の一歩、それを越える一歩が出ない。そう自分に言い聞かせ、辛抱強く踏んで行きました。しかし、どうがんばっても60km地点では目標のラップを4分オーバーしてしまいます。
これではまずいと、62kmあたりのレストステーションでは荷物を受取らず即効で通過しました。

ここでふとあるランナーが気になったのです。前を走る白髪で長身のおじいさんランナー。いままで見た事のない変わった走り方。上半身を動かさず両手を下げて手先が震えているように見えます。足はなんていったらいいのかブリキのロボット風というか、左右にガシャガシャ動くように見えます。一見言い方は失礼ですが志村健のお婆さんキャラの走りといったらわかりやすいでしょうか。
それがなぜか私と同じ早さなのです。そこで後ろからちょっと真似して走ってみました。たしかに走れますが、がに股ぎみで非常に恥ずかしく、少しすると普段使わない筋肉が痛くなります。

71〜90km
061018-012.gifしかしついに来ました。今でもこの瞬間をはっきりと覚えています。
69〜70kmのラップが確かキロ8分半ぐらい。イケイケタイム表を見ると70kmの目標タイムを7分オーバー。このペースではどんなに頑張っても7分を取り戻すことはできないんじゃないか、って。
「あー、12時間切りはだめか」と思いがよぎり、その瞬間いままで張り詰めていた糸が切れました。プツンって。今思うと何てバカで幼稚な考えをしたのかと、なぜここでもう一度耐えて挑もうとしなかったのか…。
そこまでトイレ以外歩き座りをしなかったので、次のエイドでスチール椅子に座り10分休憩を取ってしまいました。靴を脱いで、両足裏をもんで、その後何にもせずじーとしてました。

061018-03.jpg

そんなへたってたら、エイドにちょこちょこと走り寄るおじいさんランナーが!あれ?さっき抜いたはずなのにまた追い付かれてる。

そしてあっという間に10分間、再び辛抱強く一歩一歩踏みはじめました。なるべくつま先で蹴らないよう左足に負担がかからないよう心掛けました。
すると80kmで出てきましたランニングバカ力その1!足がぶっ壊れてもいいから逆転目指すぞ、心の糸を結び直し、フォームをきちっと整えてロボットのようにガシガシ走りはじめました。
すると、頭が本当にバカになってるのか痛みを感じません。3kmぐらいガシガシいきました2、30人は抜いたでしょうか。しかし、だんだんと体がだるくなってくるのです。そして足に痛みを感じてきます。いつの間にか元のキロ8分強に。そしてまた座り休憩を3分入れると、ランニングバカ力その2が!

91〜100km
061018-011.gif90kmあたりのことが思い出せないのですが、おじいさんランナーを見てないのは確かです。

最後の3kmは力を振り絞って走りました。暗くなった道を応援の方々がこっちこっちと大きな声で案内してくれました。

そしてゴール。5番勝負完走です。12時間38分35秒。たらればの思いが溢れてきます。「あの時こうしてれば…、あの時こうしてれば…」と。完走した喜びよりも、自分の意気地のなさにがっかりしたのでした。

ゴール後
ゴールした後、はじめてお会いする大阪のHさんとお話しました。レースのこと、練習のこと、シューズのことなどランニングのことをよくご存じで、いろいろと教えていただきました。特に今は2軸走法を習得中ということで、その概念と動きを身ぶり手ぶりを交えて説明していただきました。
へ〜〜、そんなのがあるのかと!影響されやすい私としては、頭の中がポストイットだらけ。Hさんありがとうございました。

再会を誓いお別れした後、駐車場まで2軸走法を真似ながら歩いてますと、ふと思い出す後ろ姿が。上半身を動かさず、足の左右を軸にして、なるほど、んん〜、も、もしかしてっ〜!あのおじいさんランナーは2軸走法だったのかっー!?って。

---------------------------------------------------------
5番の成果
・600mを越えるや山を歩きなしで越えることができた。
・40km地点の時間を縮められた。
・50km以降一歩一歩ピッチとストライドを意識して走る事ができた。
 (客観的に考える余裕ができた)

反省点
・イケイケタイム表の時間の読みが甘い。
・70km地点でだめだからと大休憩を取る発想が幼稚である。
 強い執念を持って粘り強く耐える精神力を鍛えるべし
・あまりに苦しく応援の方々に手をふったり声を返したり応えられなかった。

今後の課題
しばらく考えます。
---------------------------------------------------------
という5番勝負でした。

四万十川の大会は、隠岐の島同様に1km単位で看板があるのでモチベーションを保つ、ペースを確認する意味で非常に助かりました。
また沿道で応援いただいた方々、エイドでのボランティアの方々朝早くから遅くまでお世話になりました。ありがとうございました。

さて、10番勝負の半分までやってきました。そこでお知らせがあります。
大会後の翌々日体重を計りましたところ。
体重78kg。体脂肪18.1%。タニタの体重計によると、レベル9。

061018-04.jpg

レベル9はこの体重計では、「肥満」ではなく、「標準」なのです。
ありがとうございますっ!ありがとうございますっ!
これからのオフシーズンはリバウンドシーズンでもありますが、気を引き締め一層体も引き締めます。

『もう肥満おやじじゃないんだっー!』って、早速夕日に叫んでこよう。

そうそう、タイトルどうしよう…。

2006年10月17日

5番勝負完走しました。完走記〜前日編〜

061017-01.jpg四万十川ウルトラマラソン12時間38分35秒で完走です。応援ありがとうございました。

今シーズン最後の大会、目標時間(12時間18分以内)のクリア、そしてできれば12時間を切りたいと白目を剥き剥き無我夢中に走りましたが…いずれも達成することができませんでした、残念〜!。たらればを言ったらきりがありませんが、どうして達成できないのか自分の弱さを確かめるためにも完走記をまとめていきたいと思います。

先ずは前日の下見です。
大会前日、受付会場にて参加手続きを行ないます。会場の隅っこに人が集まっているので行ってみるとテーブルの上に小石のオブジェらしきものが。ご自由にお持ち帰りくださいとのこと。地元小学生が四万十川の小石に選手に向けてのメッセージや絵を描いてくれてました。
それらを見ていると、子供達が持っている地元への心象が見て取れて楽しい。とんぼやホタル、鯨やイワナ、夕日に沈下橋など色鮮やかで自然豊かなイメージでいっぱいです。

061017-02.jpg

受付を済ませたら早速下見です。今回もこりずに自宅から愛車ウルトラ号(←命名)で来ました。予想以上の約8時間。高知から四万十までが長かった〜。きっと高速がないからでしょうか。わざわざ車できたからには下見しないわけにはいきません。

スタートから高い山(21km地点)までは、15kmあたりまでゆるやかな上り、それ以降は徐々に勾配が大きくなります。山なので当然ですが、とにかく道が狭い。車一台の幅しかないところが沢山あります。何度もバックして譲ったり、譲ってもらいました。

061017-03.jpg

頂上から30kmあたりまで小川に沿って急な下り坂を降ります。それ以降は平坦に近い道。広い道はありますが、ほとんどが狭い道だった印象です。ですので対向車がいないと見るや先に進もうとスピードが上がってしまいます。途中わかったのですが、なんとこの道を路線バスが通っているようで、猛スピードでこっちにやってきてバックを強いられました。

061017-05.jpg

そんな中々進まない下見でしたが、四万十川の景色を十分に満喫しました。とにかく水の透明度が高い。大きな魚が泳ぐのも見えました。そして護岸工事などがあまり見られず自然のままの川の風景を味わえました。

061017-06.jpg

下見を通じてこの清流が維持できているわけがなんとなく分かったような気がします。先ずはこの不便さが川を守っているのかなと。高知からの交通の便、川沿いの細い道。地元の方々からすると解消すべきことでしょうが、もし便利な場所になると多くの人が訪れ清流でなくなるのかもしれません…。部外者の勝手なエゴですね。でもいつまでも残っていて欲しいと思わせる魅力的な川でした。

061017-07.jpg下見の感想は高い山は参考になりましたが、あとは平坦ばかりなので川をみながらのんびりドライブです。ま、観光ということで。

帰りにスーパーで買い物をしてるとあるじゃないですか、パックの中でぴょんぴょん跳ねてる四万十の「川えび」が。ちょっと高いけど買いました。茹で立てを食べた感想は…、四万十川産なだけに清らかでした、って味がなかったかな!?

さてすべての準備は整いました。明日の本番を待つだけです。

続きます。

2006年10月13日

行ってきます。四万十ウルトラ5番勝負。

今仕事が終わりました〜。
にちなん、丹後は出発が遅く、のんびりできなかったので今回は早めに出発します。
高知は栗生産が日本一のようで栗焼酎がうまいって今月のANAの機内誌に載ってました。ぜひ買って帰りたーい。それと、四万十の風景を沢山写真に撮りたいな。って、そんなことはいいとして、やっとイケイケ表もできたので、それでは行ってきますっ!みなさん応援ありがとうございました。今シーズン最後の大会&10番勝負の折り返し大会、目標目指して頑張ってきます!

2006年10月12日

5番勝負のテーマ

四万十まで残り2日と十数時間。なぜかいつも大会前に出張が入りドタバタします。明日の夜に出発ということは、今日中に準備しなければなりません。

先ずはもう一度高低図を確認してみます↓…。ヒ、ヒェ〜。回を重ねる毎に益々高い山が目の前にたちはだかってきます。それも今回は自称ウォーミングアップゾーンであります40km内に600mを越える山。へたすると前半でヘトヘト&左足崩壊の可能性ありです。

061012.gif

先輩ランナーの方々の完走記を拝見しますと、21kmあたりを頂点に15kmあたりから本格的な上り、27kmあたりまでが下り、その前後はある程度ゆるやかな模様です。とは言え、そこはもう無理しないとしか手がありません。

実は一番心配なのはその後の平坦の連続です。70kmあたりになると淡々と続く平坦に飽きて、ボーっと景色に見とれてゆる〜く走ってしまうんではないかと。だめです、常に緊張感を持って走らないと目標を達成できません。

そんなことを想像をすると、
きっと今回のテーマはこれです『ほうけない 【惚けない】』。
しかし、どうしたらほうけない走りができるのか…。イケイケタイム表はつくるとしても。。

例えば、なにかそれを見ると緊張感を持てるような、走れ!と気付かされるような…。なにか、そうロケットペンダント的な。ロケットペンダント!?


丹後以降の練習
-----------------------------------------------------
10月9日:15.0km/1:29/
10月8日:10.0km/1:06/
10月7日:30.0km/
10月6日:05.0km/
10月1日:20.0km/2:20/
9月29日:10.0km/1:01/
9月28日:10.0km/1:00/
9月27日:10.0km/1:03/
9月23日:10.0km/1:15/
-----------------------------------------------------
合計 120.0km

2006年10月05日

練習最後の週なのに…

今週は走り込み最後の週、ガンガン走らないといけないのに秋風邪でダウン。一昨日は会社休んで1日中寝てました。やっと今日から復活です〜。

と、そんな矢先、本日I・Uターン者に定住についてヒアリングしたいということで、国土交通省から依託された東京の調査・企画会社の方々がわざわざ我が家(たぶん数件のお家)へおいでになり、1時間程度お話ししました。

「地元に帰ってからの新しい生活のことをざっくばらんにすべてお話しください」とおっしゃいますが…。ううーん、ん、右を見ると近所の○○さんが私の横にびっちり同席してるじゃないですかっ!?すべて話すだなんて、ムリ〜。

本気で過疎の深い問題を知ろうとしているのかな、この方々は!?と疑問に感じたのでした。これではポジティブな発言しかできない。もしネガティブ情報が近所に広まったら…。ゾ〜〜〜。暮らしていけなくなるよー。

とはいえ、地元のため日本の過疎地のため、言葉を選び選び話しました。
私の愚考・愚見も添えたけど、伝わってたらいいな。

走るより疲れた〜、また熱がぶり返しそう。

今週末は、いつもながらジタバタせねばー。

2006年09月26日

とにかく体重です。

060926.jpg先週末10kmを走ったところ、まだ左足の甲が痛いので、さっそく今朝病院に行ってきました。

見立てがいいと評判の整形外科の女医さんを指名。昨年からマラソンを始めたこと、最近の痛みの症状など話した後、ピンク系眼鏡を人指し指で支えながらレントゲンを見て一言「異常ありません。走り過ぎです」。た、た、確かに走り過ぎっ!

もし骨に変型とかあるといやだなと思ってましたがこの一言で安心です。レントゲンの赤丸部分の甲と足の裏が痛くなっているとのこと。左足で蹴りあげる時にこの関節部分が全体重を支えて前に出る。そのためこの一点に相当の負荷がかかっているのがわかりました。

どんな対策になるかというと、中長期的には(1)体重を軽くして負荷を軽減する(2)関節含め負荷に耐えれる強い足にする(3)走り方を改善する。短期的には(1)シリコン?かなにかのインソールを入れる。とご指導いただきました。分かりやすくていい先生だな。。

とにかく体重です。
とりあえずインソールを探しに行こうかな。

2006年09月22日

5番勝負に向けて

丹後からもうすぐ1週間。あんまりのんびりしてられません。
来月15日(日)には5番勝負の四万十ウルトラマラソンが待ってます。今シーズン最後の大会、なんとか目標をクリアして来年につなげたいところです。

さっそくコースを見てみますと…
http://www.runnet.co.jp/info/a/2006/shimanto/course.php

20kmあたりで600mの山を越えるんですね。。ん、ん〜、600m!?
一気に上る高さとしては丹後が約400m、日南も400m弱でした。
四万十はいままでで一番高い山じゃないですかっー!

それにしてもシンプルなコースです。20kmまで600mを上り、それ以降はゴールまで下りと平坦のみ。平坦が苦手な私としては不安もありますが、この変わったコースを楽しみでもあります。

5番勝負の目標は、4番のものをそのまま引継ぎます。
今度こそ達成する!
---------------------------------------------------
5番勝負の目標

目標タイム:12時間18分以内(3番勝負タイムを越える!)
3番勝負が制限時間の87.9%の時間でしたので、四万十に換算するとこの時間

目標大会前体重:77kg
---------------------------------------------------

残り少ない日数ですが、5番勝負に向けての練習方針は「こつこつ走る」。「毎日走る癖をつける」がテーマです。

ps.丹後後の体重は、80.5kg/22.0%。しゃしも足は全くサイズが変わらずでした。代わり映えしないっす…
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。