2006年05月29日

3番勝負の課題が見えた!?が、しかし…

先週は、できるだけ毎日走ろうと出張先にシューズを持っていったのに結局1日も走れず。あっと言う間の1週間でした。。

ところで、先週富士五湖チャレンジの記録集が到着。
レース中は通過時間をきちっと測れなかったので、はじめて見る自分のラップタイムです。

富士五湖チャレンジの記録
10km:1:05:26:65分26秒
20km:2:12:15:66分49秒
30km:3:17:16:65分0秒
40km:4:31:26:74分10秒
50km:5:45:59:74分33秒
60km:7:42:35:116分35秒
70km:9:19:11:96分36秒
80km:10:52:27:93分16秒
90km:12:19:50:87分22秒
100km:13:49:24:89分34秒

ふむふむ、なんとなく50〜80kmが遅いんだろうなとは分るけど、ここはやはり相対的に見なければ課題が見えてこない。

そこで、今回の富士五湖チャレンジ16thで12時間30分〜13時間の間にゴールされた55名の方々の平均ラップタイムを算出し、私のタイムと比較してみました。なぜこの方々かと言うと、3番勝負ではこの時間帯のグループを目標にしたいからで〜す♪ 本気?

060529_2.gif

お〜!問題はまさに「魔のまったりゾーン」50〜80kmにあり。このゾーンは目標者とかなりの時間差がありますよね?ね?それ以外はぼちぼちのような…。

見えたどっ〜!タイムを縮めるポイントが〜!。

因に、1番勝負との比較をしてみると、
060529_3.gif

前半は2番勝負目が早くなってるけど、60kmが突出。昼食エイドの場所が違うから山の場所が違うけど、2番勝負は60kmにちと時間を賭け過ぎ。う〜ん、これは明らかに休憩のしすぎだ。

以上、時間短縮のためには50〜80kmの走り方が課題だとわかりました。つまり「魔のまったりゾーン」をどう克服するか。どうしたら「まったり」をスッキり、シャッキリ、テキパキと走れるのか。

すぐに思い付く事と言えば、昼食の休憩を短くすること。

そして、あとは… あとは… どうしたらいいんだーっ!?

-----------------------------------------------
ランニングバカ初夏集中特訓 5月15日〜6月15日
〜3番勝負目の目標〜
1.体重70kg台で走る
2.13時間20分以内で完走する(制限時間14時間30分)
-----------------------------------------------
5月27日 20.0km 1:57 ave145bpm max162bpm
5月29日 10.0km 1:00 ave135bpm max153bpm
-----------------------------------------------
5月15日〜21日 94.0km
-----------------------------------------------
期間合計 124.0km
この記事へのコメント
うーむ。
私が秋田で撃沈した時も、55km〜80kmがまったりタイムでした。
すわって休んだりすると、かえってだめなのでは?
RASCAL at 2006年05月29日 22:39
そうでしたか。このゾーンはやっと50km終わって、また50km〜、みたいな気持ちが落ちるところですよね。富士五湖のときの中間エイドは、座るではなく、横に寝てました。確かにその後だるだるに。座らない、寝ない、できるかな…
いのっち at 2006年05月30日 12:22
50kmを過ぎると、やはり気持ちが途切れてしまうのですね〜。
「座る」という行為は、やはりだめなのですね〜。完走した方のHPを見てみると、休憩時間が短い人の方が、完走されているように思います。
やはり休憩が短いと、気持ちが途切れずに走り続けられるのでしょうね。
とても参考になりました!
とみきち at 2006年05月30日 16:37
>とみきちさん
でも、座りたい、横たわりたいですよねー。
それと周りの方々も同じようなペース、休憩具合なので、一緒に座って休んでも大丈夫かなと思うかもです。
そこで「俺はいくぞ」と強い意志で走りはじめる。こんなことができたらいいなー。
いのっち at 2006年05月31日 09:26
いよいよ明日になりました!
今日の夜10時くらいから、阿蘇に向けて出発します。
正直、練習内容は「完走」するためにはお粗末なものでした。
5月の走行距離で160km。
「阿蘇カルデラ」出場を決めてからの走行距離でさえ220kmです。
1ヶ月と10日。ハーフしか走ったことの無い私には、短すぎる時間・少なすぎる練習だったと思います。
でも、不思議なことに意外と不安な気持ちがないのです。
逆に、「辛いことも沢山あるだろうけど、それを含めて全てを楽しもう!」という気持ちの方が強く感じます。
根拠の無い強がりだとは思いますが、それが今の私の率直な気持ちです。
なんなんでしょうね。今まで出場してきた各レースでは味わったことの無い感覚です。

今回「阿蘇カルデラ」に出場するに当たり、いのっちさんをはじめ多くの方から激励の言葉を頂きました。
そのお言葉が、ヘッポコな私を後押ししてくれていると思います。
多分、皆さんから頂いたお言葉が魔法となって、私を勇気付けてくれているのでしょう。そう信じています。

いろいろとアドバイスをしていただき、本当にありがとうございました。
どうしてもお礼が言いたくて、長文で申し訳ないと思ったのですが、書き込みさせていただきました。

泣いても笑っても、明日が本番です!
がんばってきます!!!
とみきち at 2006年06月02日 13:08
明日ですねー。あっという間の1ヵ月強でした。
特になにもアドバイスめいたことを書けてないですが、わたしもいろんな方々のお陰で完走できたので、少しでもお力になれるよう声をかけさせてもらっただけです。

ベースがあるので明日は気持ちだけだと思いますよ。ブログにも書きましたが、苦しい時は「絶〜〜〜〜〜対あきらめない」と念じてください。絶〜〜〜〜〜対完走できますからー。いってらっしゃーい。

ファイトっー!
いのっち at 2006年06月02日 13:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18545790
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。