2006年05月09日

リディアード&マフェトン先生で脱肥満オヤジ!?

060509.jpg富士五湖から早2週間。無走行&ご飯がおいしい。案の定、徐々〜に体重が増え始めてまーす。明日飲み会あるし、週末出張でまた飲んじゃうだろうし。只今、リバウンド注意報を発令中でございます。

しかーし、今回はリバウンドしませんよ〜。なぜなら?脂肪を燃焼する身体に変身しようかと思って(簡単に言ってるし)。実は新練習法を考え中です。世の中では既に古典なのかな…リディアード先生とマフェトン先生の本を改めて読んでおります。

--------------------------------------------
リディアードのランニングバイブル
アーサーリディアード著/大修館
--------------------------------------------
「マフェトン理論」で強くなる!
Dr.フィリップ・マフェトン著/ランナーズ
--------------------------------------------

う〜ん、しかしリディアード先生は自ら日々のトレーニングでこの理論を発見したんだなー、と感心したのでした。

リディアード先生曰く、トレーニングの一番大事なことは有酸素能力を高めること。つまり心肺機能の能力を高める。肺でいうと最大酸素摂取量(1分間に利用できる酸素の量の上限)を増やす、心臓は肥大化させ血液の供給力を高める。すると、毛細血管が広がり豊富なエネルギーが身体の隅々まで届き、疲れずに早く長く運動できる。
そして、その有酸素能力を高める方法は、最大酸素摂取量で走る70〜100%の負荷でトレーニングすること。

ただ、なかなか70〜100%ってわからないですよねー。同じコースでも体調の良し悪しで変わってくるし。腹八分みたいに足八分ってわかりにくい。先生は「走り終えたとき、心地よく疲れているが、もう少し走ろうと思えば走れたと感じるペースが最適」と言われますが、わたしはいつも練習後「腹すいた、もう帰ろう」とか「もう無理、風呂に入りたい」とか最適感を考えたことがない。適当〜限界までをその日の気分と体調で走っております。

そこで、マフェトン先生が、その70〜100%を「180公式」という心拍数を使ったわかりやすい指標で考えてくれた(と解釈してます)。その丁度いい心拍数でトレーニングし続けると有酸素能力が高まるという訳です。

つまり…
リディアード先生+マフェトン先生+心拍計+ランニングバカ魂=脱肥満オヤジ!

ふむふむ、なるほど〜、いけるかもよ〜、バリバリ。
と読みながら口いっぱいにほおばるその煎餅っ!
まずはこれを止めないといけません。

いや、変身できたらいくら食べてもいいかも…

この記事へのコメント
こんにちは!
いろいろ研究されてますね〜。
私も太りやすい体質ですので、大変興味がある内容です。

もしよろしければ、ご教授ください。
「180公式」というのはLSDと同じような練習方法なのでしょうか?

私の思っているLSDは・・・・、
お話しながらニコニコペースで走れるくらいのジョギングが、だいたい心拍数120くらい。これが、有酸素エネルギーのみで走ることのできる限界の運動負荷。心拍数120くらいまでは脂肪燃焼が主体なので乳酸(疲労物質)が溜まりにくく、あまり疲れを感じないということになるので、このペースで走れば長距離・長時間の運動ができ、体力のベースもアップする。

という風に解釈しています。
「180公式」の「180」というのは脈拍数でしょうか。
もしそうなら、脈拍数180の70%は約120となるので、私が思っているLSDの脈拍数と同じになります。

となると、これが「足八分」と同じと考えていいのでしょうか?
いのっちさんのお考えと同じなのでしょうか。
とみきち at 2006年05月12日 10:32
とみきちさんへ
お返事が遅くなりました。すみません。
本の内容そのままですが…
以下のようですよ〜。

180公式
最大エアロビック心拍数の算出方法
(その人に適した有酸素運動の心拍数の上限)
--------------------------------------------
A.病気(心臓病、何らかの手術や入院など)にかかっている、あるいは治ったばかりか、投薬をうけている。
→ 180-年齢-10
B.ケガをしたか、トレーニングやレースでの成績が下がりつつある、風邪をよくひく、あるいはアレルギーがある。
→ 180-年齢-5
C.過去2年間、あまり問題なく、うまくトレーニングできている。あるいは風邪を1年に1、2度程度しかひかない。
→ 180-年齢
D.2年以上大した問題もなく、うまくトレーニングできている。また、ケガもなく競技での成績も伸びている。
→ 180-年齢+5

--------------------------------------------
ですので、30歳の方でBですと、180-30-10=140(最大エアロビック心拍数)

そして、運動時には、最大から10拍を引いた範囲を最大エアロビックゾーンとして設定し、その範囲内でトレーニングすると良いとのことです。
すると、最大エアロビックゾーン:140〜130拍。

LSDよりもちょいきつでしょうか。(LSDは120〜130拍/分ぐらい?)

そこで上の算出法とは違うやり方ですが、ゾーンを設定して、さっそく今朝3週間ぶりに走ってみました。なんと最大164bpm(beats per minute)
、平均140bpm。毎回なんだか二度寝したくなるな〜と思ってたら、もしかしてオーバートレーニングかも?詳しくはまた書きまーす。
いのっち at 2006年05月15日 12:52
お返事が遅くなり、申し訳ありません。
解説ありがとうございます。
なるほど〜。私の場合はBだと思うので・・

180-34-5=141bpm
最大エアロビックゾーン:131〜141bpm

ということになりますね。
心拍計を持ち合わせていないので、日頃のトレーニング時の心拍数は分かりませんが、多分上記心拍数以上になっていると思います。

心拍数って大事なんですね〜。
改めて思いました。
いろいろご教授していただき、ありがとうございました!
とみきち at 2006年05月17日 09:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17576668
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。