2006年04月25日

2番勝負完走です。13時間49分25秒。〜ランニングバカ力編〜

060425_01.jpg本日二日掛りで帰ってきました。
2番勝負完走です!13時間49分25秒。
制限時間が14時間ですので、10分35秒を残すギリギリのゴールでした。

今回は、1番勝負目に比べると、体重増(84.5kg)&筋肉減(ジム筋トレなし&前月150km)でかなり不安がある大会でした。唯一の頼みの綱は「ランニングバカ力」だけ。なんだそりゃー。では早速ご報告です。

大会前々日
目指すは富士山。朝6時に出発し、気分もいいのでかっ飛ばしてたら8時間ぐらいで着きました。なーんだ、早いじゃん。さっそく、郷土料理のほうとうでカーボローディング。って、ここ1週間ローディングしすぎ。ここぞとばかりの食べまくりで、確実に体重が増えてます。

大会前日
060425_02.jpgなんと言っても下見が命。実はそのために車で来たようなもの(レンタでもいいのですが)。何故かといいますと、レース中に先のコースが想像できないと気持ちが途切れてしまいそうで心配なのです。だから入念に観光&下見です(観光もかよっ!)。
それにしても、富士山ってかっこいいですよね。景色界のトップモデルです。そうやって景色を眺めながらのんびりとコースを回るのですが、距離看板が2.5km間隔なのでコースがよくわからない。結局のんびりしすぎてAM9:00からPM3:00までの6時間もかかりました。夕方chamaさんと合流です。半年ぶりにお会いして、いろいろお話ししました。

大会当日
今回の大会は距離表示の見落としが多く、といいますか意識が朦朧として、きちっとラップが測れてないのです。

0〜30km
先ずは山中湖。スタートから下りが続き、その後湖畔を回る平坦なコース。走り始めると体が重いのです。体重増&筋肉減の影響でしょうか。しかしなんとかキロ6分台をキープし30kmまで行けました。カーボローディングはまずまずかな。

31〜51km(エイド)
筋肉の筋グリコーゲンが尽きて血糖と脂肪にスイッチ(たぶん)。40kmあたりから足が痛いし、全然スピードがでない。しかしそうはいってもベストを尽さねば。「遅くてもいいので、登り坂以外は歩かない」と決めたのです。するとドンドン抜かれるじゃないですか。歩いてる人を抜くにも時間がかかる。どうしたんだこのスピードは。とにかく半分までは行くぞの一念で走りました。

52km〜80km 〜魔のまったりゾーン〜
一番勝負目に感じたのです、この区間は「まったり」してると。50kmで食事をして、休憩すると、体がなかなか走ってくれない。それと目標がつけにくい。ついこのまったりとした気分の中でダラダラと走ってしまいます。そこで考えたのが…

作戦1:勝手にライバル作戦♪
自分とペースが近い人を勝手にライバル扱いして勝負を挑むのです。前回のライバルはカウボーイくんでした。今回のライバルはにぎやか女性の二人組。しかし、スピードが出ないのでこんな勝負に。肥満おやじの得意技発揮です。
追い抜かれる→エイドで早食い、抜く→また追い抜かれる→エイドで早食い、抜く→追い抜かれる

作戦2:自動走行作戦♪
そうしてる間に、ライバルも視界から遠のいていくのでした。
80kmあたりでいままでにない疲労感。そこでなにも考えず機械のごとくひたすら淡々粛々と走る自動走行ラン(高級車にありますよね)。はっきり言いましてその時は、意識が朦朧として目が白目です。たぶん疲れが表に出てるのでしょう「あの人かなり疲れてるね」と沿道のコソコソ話が聞こえました。。

81〜93km
最後の難関を前になんとかスピードのギアを変えたいと、すこしづつ速度をあげてみると、なんと出てくるもんです「ランニングバカ力」。いままで抜かれ放題だったのが1、2人抜けるじゃないですか。もう残り時間がないので必死です。1kmがほんとに長いです。

94km〜100km
いよいよ最終難関。約3kmの間に200mを登る急勾配。確か93kmあたりで残り1時間ぐらいだったような。数人が集団になってぽつんぽつんと坂を歩いて登るのですが、真っ暗で時間がなくて、それでいくら歩いても坂ばかり。ここで出さなくてどこで出す!またしても「ランニングバカ力」発揮です。次ぎの集団まで数十メートル一気に走り登りました。その後、真っ暗な山の中を集団で必死にかけおりる。異様な風景です。

ゴールです
「やっと終わった」「やっと解放される」。隠岐の島のときは「やった走れた」と完走の喜びがあったけど、今回は疲れから解放されるうれしさの方が大でした。いやー今回は、生涯の地獄の苦しみベスト3にランクインです。

反省と課題です
(1)体重は70kg台であるべし 最重要課題
(2)筋トレをするべし 
   上半身含めもっと基礎の筋力が必要だなと感じました。
(3)やはり大会前月には200〜300km程度の走行が必要
(4)30km以上のトレーニング 
   筋グリコーゲンが枯渇した後のトレーニングが必要。
(5)平坦コース、起伏コース、大会に合わせて練習が必要
   いままで起伏コースばかりでやってましたが、
   富士五湖では平坦がメイン。ぜんぜん平坦で進めなかった。
   
良かった点
(1)気持ちのつなぎ方をいろいろ工夫できたこと(←小学生みたいだ)
(2)「遅くてもいいので、登り坂以外は歩かない」ができた。
   もし所々歩いていたら確実に残り10分35秒はなかった!

というわけで、無事2番勝負終了しました。応援頂いた方々ありがとうございました。
最後に後日談ですが。

翌日
帰り道。天気も良く意気揚々と高速を走ってますと、目の前にちょっとのんびりしている車の列があるじゃないですか。マラソンでは抜かれ放題だったこともあり、ついアクセルに力が入ってしまうんですよね。ブーンって。

060425_04.jpg集団を一気に抜いてふとバックミラーを見ますと、なにやらシルバーの大きな車が付いてくるじゃないですか。よくよく見るとサイレンがのっかってる…それも回ってるっ!あーー覆面パトカー!自分なんだと気付いた時には「はいー。そこの車パトカーに続きなさい!」と前方に回られてインターチェンジまで誘導です。渡鬼の角野卓造似のお巡りさんがやさしく「急いでたんですか? 罰金25,000円です」って。

お巡りさん「足痛そうですね」
わたし  「ええ、財布も痛いです」

じゃんじゃん。。トホ
この記事へのコメント
お疲れ様でした&無事完走おめでとうございます!!!!
なんだか私まで嬉しくなってしまいました!
最後のパトカーは、今回のおまけと言うことで・・・(笑)
でも、思うよう練習できない中、見事完走されたことには、頭が下がります。「お見事!!」の一言です。
3番勝負もあると思いますが、今はゆっくり体を休めて、また次の目標に向かって頑張ってください。
私も、6月の「阿蘇カルデラ」に向けて頑張りたいと思います!
本当におめでとうございます!!
とみきち at 2006年04月26日 01:17
まずはおめでとうございます。
いろいろと悪条件が重なった中での完走、お見事です。
私も今年のサロマでは、上り坂以外は歩かないを実現したいです。
Ogaman at 2006年04月26日 01:26
完走おめでとうございます。
80kgオーバーの方のウルトラランナーの中では最速?
練習不足を気持ちで克服されたみたいですね。
RASCAL at 2006年04月26日 08:18
リンクしていただき、ありがとうございました。
遅くなりましたが、私もリンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
6月の「にちなんおろちマラソン」は出場されるのですか?
1ヵ月後に再度ウルトラ、恐れ入ります。
私も、いのっちさんを見習って頑張らなくては!!
とみきち at 2006年04月26日 09:49
完走おめでとうございます。
地獄の苦しみだったと思いますが、楽しく
読ませていただきました。

勝手にライバル作戦♪ 私もよくします。
私は、ちょっと前を走っている人を目標にし
心の中で「ターゲットロックオン!」
とつぶやいて、その人を抜かす。
そして、次の目標の人を捜し、繰り返し。
ということをしたりします。

次は3番勝負ですか?(ちなみに締切4/30まででしたよ)
これからもいのっちさんの走り、楽しみにしています。
マリリン・マラソン at 2006年04月26日 11:18
>とみきちさん
ありがとうございます。
次ぎですか。。早く決めないといけないのですが…
でも前回もそうでしたが、大会後1週間は
「あんな大変なことまたするの?」って
自問自答してるのです。。たぶん走るんですが。。
リンクありがとうございます。

>Ogamanさん
ありがとうございます。サロマ2ヵ月後ですね。
サロマは富士五湖よりも起伏がないと聞きました。
平坦は休憩できないからつらかったです。起伏がある方がみんな歩くからいいなと。わたしもいつか挑戦してみたいです。応援してます。がんばってください!

>RASCALさん
ありがとうございます。
脱80kg台目指します!90kgにいったりして…
RASCALさんウルトラがんばってください。応援してます!

>マリリンさん
ありがとうございます。
あー、チェックしてますねー。そうなんです4/30なんです。すっごい起伏なようなので、覚悟が要ります、それと家内や仕事や…いろんなこと考えて決めないと。


いのっち at 2006年04月26日 17:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17039110

サロマへの鍛錬シリーズ 第6回 チャレンジ富士五湖 その1
Excerpt: もう1週間がたってしまいました。この間は日光に出張したり,忙しく過ごしていました。だからなかなか書けないでいました‥‥‥‥,‥‥,ということにしておきましょう。 本当は,悔しさいっぱいで,書く気にな..
Weblog: I am a UMMLer &T
Tracked: 2006-04-29 22:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。