2009年06月08日

中海1周ランバカトレーニング結果

土曜日に中海1周ランニングバカトレーニングを行いました。
1周で60km、そのジャストな距離にびっくりです。

結果は、
10km 00:59:38 5:57/km 136bpm
20km 01:00:17 6:03/km 137bpm
40km 02:12:23 6:37/km 138bpm
50km 01:09:26 6:49/km 137bpm
60km 01:05:33 6:41/km 136bpm
--------------------------------------------------
60km 6:27:20 6:27/km 137bpm

赤穂と比べるといい感じです。なんだか成長している気がしてうれしい♪
--------------------------------------------------
赤穂
10km 1:01:59 6:06/km 131bpm
15km 1:31:59 6:00/km 129bpm
20km 2:02:07 6:00/km 133bpm
25km 2:32:55 6:08/km 134bpm
30km 3:03:59 6:09/km 137bpm
35km 3:35:47 6:19/km 137bpm
40km 4:09:33 6:42/km 133bpm
45km 4:46:09 7:13/km 129bpm
50km 5:23:39 7:27/km 129bpm
55km 6:02:58 7:48/km 128bpm
60km 6:41:33 7:41/km 128bpm
--------------------------------------------------

今回のランニングバカで試したことは2点。
(1)リズム(ピッチ)を一定にし、体に覚えさせる
(2)かかとを踏まない走り方を試す

まず(1)のピッチを一定にする練習。今までの練習や大会では気分や体力次第でその都度リズムが変わってました。赤穂でも心がけましたが、今回はその「平気」をリズムから身につけてみようと試してみました。。

さて、具体的にどのようにリズムを一定に保ち、体に覚えさせるかですが、
ググってみるとなんだかメトロノームを使って練習するのがいいみたいよ、って書いてある記事があり、それだっ!とさっそく考えてみました。

しかしメトロノームは大きいですよね。

metro.png


頭に乗せるわけにもいかないし。

001.jpg


背負うのもじゃまになるし。

002.jpg


抱えて走るなんてとんでもないですよね。

003.jpg


そこで思いつきました。iPhoneアプリだっ!て。
無料のメトロノームアプリがあったのでそれをiPhoneにダウンロードして走ったのです。

20081102_144286.jpg

そうです『ピン!ポン!ピン!ポン!』と音に合わせて走っていたのは私です。
その結果、自分にちょうどいいテンポが172/分だということがわかりました。テンポを一定にして歩幅で負荷を調整する走り方ってあるんだなーと勉強。

そして(2)。赤穂のランナー観察で、前を走る方々は、かかとを付けてないんだと気づきました。そこで今回の50〜60kmは前方に重心を置き、なるべくかかとをつけないように走ってみました。
すると意外にもキロ6分ペースを維持することができ、ヒラメ筋(?)の偉大さを知ったのです。

なかなか収穫のあるランニングバカトレーニングでした。

思い起こせば、当初は20kmを走れなくて15kmあたりでへたばることがありました。それがいま60kmを苦しいながらも客観的に自己観察しながら走れるようにまでになりました。これもみなさんの閲覧、応援のお陰です。ありがとうございます。

今走っていると昔とはまるで世界が違います。密かにこの感覚を楽しんでいます。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。