2008年03月31日

8番勝負 伊豆大島ウルトラランニング完走記

いまだかつてこんなにも腰のことを考えたことがあったでしょうか。
飛行機を降りてからの長い通路を腰の回転と足の運びを「よ〜し♪よ〜し、これだ、こんな感じだ」と一歩一歩確認しながら到着ゲートへ向かいました。まるでこれから燃費のいい新車に乗るような、期待と希望で胸膨らむ大会前々日なのでした。

さて今回のテーマは「腰で走る」。果たして新しいフォームが燃費のいい新車だったのか、それともレギュラーをハイオクに変えた程度だったのか、はたまた!?、早速ですが完走記をまとめまてみました。
もったいぶる程ではないので結果から書きますと、12時間58分、完走できました。記録更新に及びませんでしたが、学ぶことが多くありました。

まず大会概要から。
今回で4回目を向かえる伊豆大島ウルトラランニング。伊豆大島を約2周する高低差約550mのアップダウンが多いコースです。天候は晴れ、スタート時は肌寒さを感じましたが、日が昇るにつれ暖かくなり、午後になるとエイドで水分補給すれど常に喉が渇くほど春を通り越したような陽気でした。
参加者は100km男女100人弱、56km男女40人弱、フル男女100人強、と過去参加した大会の中では小規模ではありますが、昔あんこだったみなさんの沿道からの熱い応援で、私の闘志は椿のように真っ赤に燃え上がるのでした。なんて。

先ずは1曲どうぞ。アンコ椿は恋の花


0〜20km 平坦 2:02:36(2:02:36)
さあ、都はるみさんのこぶしを入れて歌うように、腰を入れてスタートです。腰は順調に回転し、足や間接に痛みや不具合はありません。なかなかいい感じです。と、確か空が少し白々とし始めた5kmあたりでしょうか「いのっちさんですか?」と並走して話しかける方が。「は? はいー」。
その方は愛知県のKさん、ブログを見ていただいている方だと知って、驚きのあまり入れてる腰が抜けそうになりました。
百戦錬磨のKさんの走りは力強くて速くて、追いつこうとするも全然ついて行けませんでした。(Kさんへ、気さくにいろいろとお話いただいてありがとうございました。またぜひどこかでご一緒できること勝手ながら楽しみにしております。)

21〜40km 平坦 2:46:08(4:48:45)
20kmまでは快走。そうです、ここは最後までこのペースで走って行ける気がする妄想ゾーン。しかし、妄想はすぐに吹き飛びます。30kmをすぎた上り坂、脚の筋グリコーゲンが枯渇し、脂肪エネルギーにスイッチする時のあの足にわさびを塗り込んだようなツーンとした痛み。そしてそれをフォローするように負荷をかけていた腰になななんと、鈍痛が…。って、そんな、簡単すぎる!早すぎる!今回の一番のテーマが…。「上り坂×脚力低下×腰疲れ→ペースダウン」いつものへっぽこ車に。

41〜45km 上り 37:19(5:26:04)
46〜50km 上り 35:11(6:01:16)
テンションがた落ちになりながらも、とにかく今回のテーマ「腰で走る」を心がけます。今回は決めていました、坂道は決して歩かない。小幅でも腰を入れて走り上ります。でも、ふと近くで歩いてる人を見るとペースが同じ…。いいのです、テーマを貫くのです。と、延々と続く上り坂を上るほどに段々と腰で走っているのかなんなのかわけがわからなくなってきました。

51〜55km 下り 55:41(6:56:58)
56〜65km 下り 1:12:38(8:09:37)
たしかここです。中間エイドで休みすぎた記憶が。歓談したり、いろいろ食べたり。今改めて時間を見ると時間の管理ができていなかったと反省します。

66〜70km 上り 35:22(8:44:59)
ここのあたりの平坦になると、全くパワーがでない。腰を入れても、脚力がすっからかんで、操り人形のように地を蹴る力強さがないのです。どんどんと追い抜かれてゆきます。グングンと走るみなさんの走りと自分を比べるとどうしてもこんなに違うんだろうと思います。そういえば、このゾーンではいつもそう感じています。その力強さに満ちた後ろ姿を見るとだんだんと分かってきました。やはり脚力、馬力だと(気づくのが遅いというか、いつも書いているような気がしますが)。100kmの半分を越えると明らかに脚力の差が出てきています。

71〜75km 上り 54:31(9:39:30)
ここの上りも歩いてはいませんが、すごく時間がかかっています。
ところで今回不思議なのが、左足が壊れていないこと。これはフォーム改善の効果と言えるかもしれません。
そこで考えました、足が壊れていないので、次の下りは一か八か全速力で下ってみるのはどうかと。3番の日南の下り坂を思い出します。仮に足が壊れても下った先が87km地点あたりなので、なんとかなるだろうという読みです。

76〜80km 下り 38:30(20:18:01)
81〜85km 下り 34:23(10:52:24)
そこで、腰を入れてしっかりと片足づつで体重を受け止めながら、思いっきり駆け下りました。脚力がなくても下りはスピードがでるものです。何人の方を抜いたでしょうか、イメージ通りの走りです。しかし、タイムを見るとそうでもない…。

86〜90km 平坦 41:43(11:34:07)
91〜95km 平坦 49:49(12:23:56)
下り坂を鬼の形相で走り終えて辿り着いたこの区間、脚力も気力も底を尽き、伊豆半島に沈んでいく夕日を眺めながら、まったりと時間が過ぎてゆきます。温泉とビールとエビチリで頭がいっぱいになる時間帯です。いや、最後まで戦うのだ。そういい聞かせながら数字を数えながら走ります。所々数え芸風におかしくなりながらも。

96〜100km 下り 34:xx(12:58:xx)
残り5kmは最後の下り坂。力を振り絞ってゴールを目指しました。12時間58分でゴールです。

こうして8番勝負が終りました。
振り返りますとタイムは伸びていませんが、以前に比べ少しながらも進歩があったと感じています。
「腰で走る」ことで
・左右のバランスがとれているようで、左足の壊れがなかった。
・ペースは遅いですが、坂道を上るメカニズムがわかってきた。

残り2番勝負となりました。課題は2つ。
1.「腰で走る」を板に付ける。
まだ腰で走っていることを頭で確認しながら走っていますが、それを無意識にできるまで身につけたいです。おー、主客一如の世界か(!?)。
2.脚力を付ける。
50km以降も走り続けることができる脚力を限られた時間でどうしたらつけられるのか。とにかく、質の方向で、考えればやり方は見つかるはず。1回のトレーニングでもっと自分を追い込むにはどうしたらいいかを考えます。

最後に、帰りの船をターミナルの二階で待っていたところ、周りががら空きなのになぜか1人のご老人が私の横に一人掛けのイスを持ってきて座られました。顎には白い髭が蓄えられ、顔は日に焼け、深いしわが刻まれてます。
ん?もしかすると今回最高齢参加の方ではないかとお聞きしますと、そうです81歳のOさんでした。
いろいろとお話をしました。40歳から走りはじめ、北は北海道から南は伊良部島、世界はハワイから東南アジアなどの大会に参加されたそうです。一見ひげもあってご老人に見えますが、話される表情、テンポや内容がお若い。段々と会話するうちに50歳前後の方のように思えてきます。
そして、お話の内容は過去の記録や数を自慢されるわけでもなく、なにか諭されるわけでもなく、ただただ純粋に走ることを楽しんでられることが伝わってきました。その優しい目の奥に見えたものとは…。
んんー、もしやこれぞ。と思いながら島を後にしたのでした。

いつもトレーニングや大会でテーマを掲げるも体が付いてゆけない狼少年的なブログと化してきていますが、残り2番もどうぞよろしくお願いいたします。大島のスタッフの方々、ブログを見ている方々、応援ありがとうございました。

2008年03月27日

行ってきます、8番勝負。伊豆大島ウルトラランニング。

ああ、よかった、ホテルにネットがありました。只今東京出張中です。明日から大島入り。さっき友人と食べた焼き肉は食べ過ぎ&飲み過ぎだったかも…。

因に一昨日の体重は79.9kg、体脂肪は22.0%でした。たぶん今は83kgぐらいかな。

さて、いよいよ明後日です。今回のテーマは「腰で走る」。とは言え、そもそもロングが走れていないので、どんなにフォームを変えても、それに耐久性があるのかどうかは未知数。走ってみないとわかりません。とにかくおもいっきり走るのみです。

いつも応援いただきありがとうございます。悔いの無いご報告ができるよう頑張ります。

それでは、いってきますっ!

2008年03月19日

「腰で走る」メカニズム考

8時半に仕事を終え、走りました20km。
今日は新しいフォームで思いっきり走って何分になるかを試してみました。このコースの旧フォームのタイムは2時間〜2時間5分ぐらいです。

今日のタイムは、
タカタカタカタカ(小太鼓)。
1時間51分30秒。おお〜。すごい〜。
なんだこれ〜。なぜこんなに違うんだろう〜。

重ねて驚いたのが、足が疲れてないー。
疲れているのは、背筋、腹筋、骨盤の下のあたりです。

なんとなくメカニズムがわかってきたような。腹筋が足を引っ張り、背筋と内側の筋肉がひねる?回転する?そして骨盤の下の方で蹴る。ふむふむ。以前ブログで書いた中心軸走法と二軸走法で言うと、中心軸。回転は内旋運動でしょうか。

それと、足は普段は上から下までリラックスして、地を蹴る時にだけ腰から踵まで一体となって地面にヒットさせるような、かな。

だめだ、説明が下手。
youtubeで説明します。


まず、モデル的腰入れ






次に、エガちゃん的内旋運動






そして、野球のバッティング



||


腰で走る


全然だめだ…。無理がありました。
研究を継続します。

2008年03月17日

腰で走る

先程の走り方を変えて調子がいいという記事。最近頭の中でイメージしているのが「足ではなくて、腰で走る」。その「腰で走る」という言葉は、サッカーのビデオがきっかけとは言え、どこかのソースを参考にしたわけではなく(最近マラソン雑誌や教本を読んでないので)、この7番勝負の中から自然と気づいて、自分の体から出て来たもの(のつもり)です。

記事を書き終えた後、自分と同じことを考えている人がいるのかなと、ふとググッてみたのです。

「マラソン 腰で走る」

すると、約 94,700 件もあるっ!な、なんと。

そ、そうなのですね…、マラソンはそもそも腰で走るものだったのですね…。この気づきは間違ってなかった。。いや、気づくのが遅かったのか。

とにかく気づいてよかった。残り1週間、おもいっきり腰で走ります。

2008年03月16日

増々楽しくなってきた今日この頃

大会まで2週間を切りました。

毎番なにかしら工夫をして自分の天井越えを試みているつもりですが、今回は思い切って走り方を変えてみようと思っています。2月から矯正し最近やっと慣れてきました。

きっかけは、子供のサッカー教育ビデオ。シュートのパートで「シュートは腰を入れて蹴ること」ナレーションで説明しながらプレイヤーがシュートします。そうか、腰を入れるのと入れないのとではこんなに違うのだと感心しました。ん?!待てよ、そ、そ、そーかっ!

今日は標高450mの山を攻めました。歩きなしで50分間を走り上れたのが不思議でうれしい。なんだか走ることが増々楽しくなってきた今日この頃です。

2008年03月02日

大会まで残り26日。

早春ランニングバカ2008が終りました。今回は走る事をイベント化することでトレーニングへの思いを強め、この寒い2月を乗越えようと試みたのですが、結果は172km(目標270km)。またいつものへっぽこです。。とは言え後ろを振り返っている時間はございません、大会が迫っているのです。今日は海岸ホームコース往復40kmを走りました。5時間弱かかりましたが途中で腐ることも、寝ることもなくしっかりと走れました。
大会まで残り26日。そろそろ禁酒かな。
そうです体重測定も。

2月早春ランニングバカ2008
-------------------------------------------
1日金曜日:10km
2日土曜日:10km
5日火曜日:15km
7日木曜日:15km
10日日曜日15km
12日火曜日:20km
15日金曜日:15km
19日火曜日:10km
22日金曜日:20km
24日日曜日:12km
26日火曜日:10km
29日金曜日:20km 閏日ラン
-------------------------------------------
合計 172km
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。