2007年10月03日

10番勝負サロマ湖ウルトラマラソンの目標

6番勝負の天井から7番勝負の底まで真っ逆さまに落ちたわけですが、もう一度天井越え、自分越えを目指すためにはやはり目標のようなものが必要です。そしてその目標は初めてウルトラを挑戦した時のように、ちょっと、そりゃムリだろ〜と言われるぐらいに少々無茶なぐらいが挑戦魂が燃えてきていいように思うんです。

ただ例えばその目標が何時間切りというようなスピードを目指すのかというと、じゃあそれは何時間でその時間にどういう意味があるのかとか考えてしまいます。では誰かに勝つことを目標にするのかというと、ライバルはいつも自分ですし。。なんだそれ。
いろいろ考えると、ウルトラを挑戦するきっかけとなった減量ではないか!?と思うのです。

そもそも減量するためにウルトラを手段としたわけですが、いつの間にか体重は元に戻り、反対にウルトラを走るために減量が手段となりました。しかし過去の勝負を眺めるに実際はリバウンドの繰り返しばかり。実はこれ以上に太ることなくビールを飲むためにウルトラを走っていたのではないか!?と疑うほどです。というか、実際そうなってます。

ここは初心に戻り体重で結果を残す。生活習慣、日々の練習を見直しレース前の体重に目標を定めようと思うのです。そうです、脱!肥満オヤジなのですっ!(力入る)。そうすると、きっとスピードや自分越えもその過程や結果に自然と出てくるものだと思うんです。そしてそれは最終10番勝負のサロマに向けて。

で、その10番勝負サロマ湖ウルトラマラソンに向けての目標体重は…

え?どうでもいい?

続く… (こんなんで引っ張るな!)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。