2009年07月15日

新ブログ開設のお知らせ

2005年05月12日にこのブログを始めてから約4年2ヶ月が経過しました。その間、初挑戦の隠岐の島から先月のサロマ湖まで10本のウルトラマラソンを走りました。どれもすばらしい大会で一つ一つをはっきりと思い出す事ができます。一昨日の晩ご飯は思い出せないのにっ。
こうやって続けられたのもブログを見て、またコメントをいただい皆様のお陰です。本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

このブログは10本挑戦をもって終了とさせていただきます。終了といいましても当分の間このままにしておく予定です。これからウルトラマラソンを挑戦される方、同じ大会に参加予定の方になにかお役に立てましたらうれしいです。

今後については以下の新ブログにて新たなテーマに挑戦してゆきます。今後とも宜しくお願い致します。

新ブログ:『懲りないオヤジが限界まで挑戦してもいいですか?

2009年07月01日

今後のブログについて

約11時間ぶっ続けでアドレナリンが放出されていたあの別世界から2日が経過。溜まっている仕事に手がつきません。今日はドビュッシーなんか聞きながら雨が降り続く梅雨空をぼんやりと眺めておりました。

って、おーい、それは燃え尽き症候群。バーンアウトだぞーっ。

社会復帰に時間がかかります。明日から何倍も働きますよぉぅぉぅ〜(弱)。

ここでパワーポイントでも使って少しリハビリをしましょう(って、呼びかけるなー)。

さて今後の当ブログの先行きについていくつか考えてみました。

まず考えられるのが、挑戦が終りましたので同時にブログもクローズという展開。潔いです。でもこれから挑戦する人になにか役に立つかもしれないのでアクセスがなくなるまでは残しておきます。
なんとなく寂しいです…。多くの方に支えられてきましたで。
 
ピクチャ 1.png



企画が終るのは悲しいので、あえてリバウンドして引き延ばすということもあるのでしょうか。上がり一日、下り一時。90kgまで半月はかからないことでしょう。
ピクチャ 3.png



いえいえ、そんな女々しい考えではいけません。もっと激しく挑戦をするのです。でも数が多ければいいというものでも…。

ピクチャ 5.png



そうです。量よりも質が大事。もっと深く走ることを追求することもいいかもしれません。

ピクチャ 6.png



もしくは、もっと世界に視野を広げることも大事です。でも実力とお金が足りません…。
ピクチャ 8.png



深さや広さではないかも。仲間と一緒に挑戦するのも楽しいはずです。近所にランナー友達はいませんが…。トホ。

ピクチャ 11.png



違う耐久スポーツに挑戦するのはどうでしょう。でもわたしは海をクロールで泳げないんです。息を吸う時海水が口に入ります。

ピクチャ 7.png



そんな無理に挑戦しなくてもいいかも。普段の生活を綴ることも大切です。梅酒やらっきょを漬けたことなど日常の小さなことも大事です。

ピクチャ 9.png



やはり『No Challenge, No Life』。いっそのことロバート・ハリスさん風に死ぬまでにやりたいことをリストアップしてすべてブログで挑戦しますか。

ピクチャ 10.png




どれがいいんでしょうね。というよりも何がしたいのかでしょうけれども。しばらく考えます。

2009年06月29日

サロマ湖100kmウルトラマラソン 完走記

昨晩はホテルでビールを1本飲みましたところ気絶するように寝ていました。

只今羽田です。乗り継ぎの飛行機の出発まで時間があるので完走記をアップします。

ランネットのタイムリストです。

測定   スプリット ラップ   通過時刻
10km  01:00:12       06:00:12
20km  01:57:33  0:57:21  06:57:33
30km  02:57:40  1:00:07  07:57:40
40km  03:59:56  1:02:16  08:59:56
50km  05:05:21  1:05:25  10:05:21
60km  06:13:46  1:08:25  11:13:46
70km  07:23:37  1:09:51  12:23:37
80km  08:34:40  1:11:03  13:34:40
90km  09:42:07  1:07:27  14:42:07
Finish  10:52:44  1:10:37  15:52:44

いままでと違うのは、
70-80kmと90-100kmがキロ7分台、それ以外が6分台と
全般をほぼ6分台でフラットに走れたことです。

いつもなら50km以降ぐずぐずと崩れるところ、なぜほぼ6分台を維持できたのか。前回の赤穂が、11時間54分08秒のところ、なぜ1時間以上も縮めることができたのか。
たいそうなことは言えませんが、なにかお役に立てていただけたらと思い、今大会を頑張れた理由を数点まとめました。


頑張れた理由 その1『みなさんの応援』

1番目の隠岐の島もそうですが、ブログで宣言することによっていろいろな方から応援していただき、中途半端には走れないという思いが練習と大会に緊張感を与えてくれました。特に今回の10番目は、それまでなかなか進歩しない自分にもう後はないぞと言い聞かせ、決死の覚悟で挑むことができました。(決死はおおげさ?)。本当にみなさんありがとうございました。

頑張れた理由 その2『100kmの走行シナリオよりも今の1歩』
いままでどのように走るろうかと作戦を練る際、起承転結のようなペース配分などを考えた事がありました。しかし、段々とわかってきたのはそんな先のことを考えてもしょうがない。また走った後のタイムを見て落ち込んだり喜んでたりしてもしょうがない。
まずは今踏み込む一歩をしっかりと誠実に出していくことだとわかってきました。その1歩にきちっと意識を向けて踏み込み、即座にそれがよかったのか反省する。いまの自分にはその反復しかないと考えました。それが結果としてフラットになったのだと思います。

頑張れた理由 その3『GARMIN Forerunner305という優れた道具』

GARMINを使うと心拍数と走行速度、距離をリアルタイムに把握することができます。特に走行速度を把握できるか、できなかはわたしにとって大違いです。ウルトラマラソンのような長時間体を動かすと意識がぼんやりすることが多々あり(わたしだけ?)、自分で早く走っていると思っても実は遅いという体感速度の狂いが生じます。今回も70kmあたりで自分はキロ6分30秒ぐらいで走ってるだろうと思ってGARMINを見るとキロ7分以上ということがありました。そこでこれではいかんと気合いを入れて調整します。

またもうひとつの心拍数。わたしの場合150bmpあたりで足に疲れが溜まる(乳酸?)ように感じます。ですので今回も145〜150の間に入ったら、いくら人に抜かれようがペースを落とす様にしました。いままでは周りの人が早いと負けじとオーバーペースになったりしましたが、自分は自分の走りをすればいいと、人のペースが気にならなくなりました。

cf-lg.jpg

頑張れた理由 その4『メトロノーム』
9番目の赤穂の後、先を走る早い選手はリズムが一定だとわかりました。その後、iPhoneのメトロノームアプリを使ったところ170〜172拍/秒がわたしにとって走りやすいことがわかり、そのリズムを守って走ればキロ6分以内を維持できることがわかりました。しげかんさんから歌を歌うというアイデアを頂きましたが、わたしはリズムについても50km以降になると頭がぼやーとして、自分が刻むリズムが実際のものと違うような気がしてしまいます。
そこで今回はクリップで挟める小さくて軽いメトロノームを自分だけ聞こえるようにボリュームを小さくして走りました。

317XrghphNL._SL500_AA280_.jpg

頑張れた理由 その5『筋トレ』
走行速度、距離が把握でき、リズムがきちっと取れても送り出す足に力強さがなければ目標に辿り着けません。過去の大会では50km以降足に力が入らず、ただただ足や体に従うがままに走っていたように思えます。たまにランニングバカ力としていままで体に従って走っていたものを反対に意識をして体を動かし、スピードをある部分だけ早めていたように思えます。
足に力強さがないのは筋肉が足りないということだと気付いたのは8回目終了後でした(遅い)。2008年の冬から2日に一度は昼休みを使って筋トレをするように心がけました。
メニュー
・レッグプレス
・レッグエクステンション
・レッグカール
・カーフレイズ
・腹筋

まとめ
わたしの場合、月間200〜300kmと2日に一度の筋トレで体を作り、レース中はGARMINとメトロノームで走ることを常時リマインドさせ、他ランナーのペースを気にせず、一歩一歩を大切に踏み込むことだけを考えて走った。ということでしょうか。

それに加え、サロマだから目標達成ができたとも言えます。
サロマの大会は流石歴史があり非の打ち所がないすばらしい大会でした。スタート前の挨拶では、出場者が約3500人、初参加が300人くらい。とお話しされてましたが、ということはリピーターが3200人って凄い大会です。(もし数字が違っていたらすみません)
その気持ちすごくわかります。走行中の美しいサロマ湖の風景、コースの走りやすさ、バスンスが考えられたエイド、ボランティアの方の応援、すべてが充実していました。特に80kmあたりからの原生林の風景は極楽を思わせる別世界でした(行ったことあるんかーい)。わたしもまた参加したくなりました。
またボランティアの方が約3000人と新聞にありました。ほとんどマンツーマンサービスではないですか。スタッフの方々ありがとうございました。

これで10番勝負が終りました。みなさんの応援のおかげで走りきることができました。心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

さて今後どうしようか考え中です。
肥満オヤジと言っても体重・体脂肪率ともに落ちましたので、キャンディーズのように「普通のオヤジに戻りたい!」とブロガーを引退するかとも思っています。というか勝手に戻りなさいっ、て言われそうですが…。汗。

2009年06月28日

完走しました。タイム…

終わりました。
な、な、なんとタイムが!!!

10時間52分44秒

やりました目標の11時間切り達成です!男泣。うるうる。

ゴール手前1kmはくたくたでスパートどころではありませんでし
た。死ぬ気で走りました。

ついに来た10番目、サロマ湖100km。行ってきます!

スタート地点までもうすこし。けがもなく、目標も失わず、こうして無事
にスタートできるのもブログで応援していただいた方々、仕事の仲間、友
達、家族のおかげです。
ありがとうございます。
最善を尽くして頑張ります。では、行ってきます!
終わりましたらご報告します。
.
.
photo.jpg

2009年06月27日

観光のしすぎ。

観光しすぎて疲れました。トホ。
もうサロマの半分が終った感じ、って、おーい。
これからが本番だぞっ。

いやー。すばらしいところばかりでした。
ちなみに、本日のすばらしい体験ベスト3をご紹介。

すばらしい体験ベスト1:相泊温泉で癒された。
知床半島を気の向くまま進んでいたら辿り着きました。半島の公道の最後のあたりにある露天風呂。今朝6時頃だったのでだれもいない。目の前にあるのはキラキラと輝くオホーツクの大海原。聞こえるのは波の音。なんにもないのことが贅沢のすっばらしい露天風呂でした。

photo.jpg

photo.jpg

photo.jpg

photo.jpg

photo.jpg


すばらしい体験ベスト2:モヨロ人の作品に驚いた。
モヨロ人というアイヌ人でも和人でもない民族が1400年前あたりに網走周辺にいたそうです。彼らが作った偶像や土器を見ましたところ、なんと繊細で優しいデザインなのだろうと驚きました。
彼らは流氷の民と呼ばれ、流氷にのってくるトドやアシカを追って生活をしていたようです。
でもある時急にいなくなった。どこにいったんでしょう。敵が襲ってきても、こういう繊細な感性を持った人は人を殴れませんよね。どこかで生き延びていますように。

photo.jpg

photo.jpg

photo.jpg

photo.jpg

photo.jpg

すばらしい体験ベスト3:網走監獄のまなざしはすごかった。
難しいことはわかりませんが、フーコーさんという哲学者の刑務所でのまなざしの話しを本で前に読みました。監視員のまなざしの仕組みが従順な囚人を作るとかなんとか。網走監獄はその仕組みをはじめて採用したようです。実際に中央から見てみると、おーなんだか偉くなった気分。でも昔こんな感じのオフィスで部長のまなざしを受けて働いたことあるぞ!?みたいな。

photo.jpg

今度はゆっくり巡りたいですねー。そろそろ眠たくなってきました。
さて、起きたらいよいよ本番です。

ウルトラマラソンの魅力と言えば…

おはようございます。
明日の起床12:00の超朝型生活に慣れるべくむりやり起きてます。

昨日でほぼ準備は完了。明日は、午前1:00にホテルを出発し、車で2:30頃にゴール地点に到着、そこで駐車し、予約した3:00のバスに乗ってスタート地点へ移動という段取りです。
昨日選手受付も完了しました。N.Sさん(xxxx-xx-xx02)FAXありがとうございました!Mr.45さんですか?
それと家族からも入ってました。うるうる。

さーて準備も完了したところで本日はあれです。あれ。ウルトラマラソンの魅力と言えば、そうです、観光です!観光するんかーいっ!
折角ここまで来てますから観光しないわけにはいきません。

しかし観光とはいえ、真面目にこの地を勉強しますよっ。知ってると知らないのとではウルトラの一歩の深みが違います。ってなんだそりゃ。行きたいのはこんなところ。

・知床峠から北方領土を望む
・知床観光船に乗る
・知床半島でランニング(熊に注意)
・知床博物館
・網走市立郷土博物館
・網走監獄博物館
・北海道立北方民族博物館

観光しすぎだろっー!今日は午後6時頃には寝るので、5時には帰らないと。

それでは早速いってきます。

2009年06月26日

サロマ湖

サロマ湖ついた〜。
網走から遠いです。レンタカーで自力移動しか手段がありませんでした。
網走に泊まるランナーは少ないって、フロントの方が言われるには。。しまっ
た。

どなたか網走で足が足りない方がおられたら一緒に行きましょう〜。
.
.
photo.jpg

羽田出発

おはようございます。
もうすぐ羽田出発です。
ANAで予約したのにAIRDOになってる。なぜ?ま、着けばなんでもOK
です。
ホテルに電話しましたら、午前二時には交通手段がないです、とのこと。
自力しかないかもです。レンタカー借りようかな…
.
.
photo.jpg

2009年06月25日

The day after tomorrow is my big day !

本日の打ち合わせ、無事終了しました。
その後、ビールを数杯飲み今日は早めのチェックインです。
ビールって美味しいんですねっ。

そんな上機嫌でPCに向っておりますが、
ここでわたしの大好きなRalph Myerzのこれまた一押しのPVをご紹介(なんで?)。

工場で働く彼女が言うんです「Tomorrow is my big day」って。

みんなそれぞれに秘めたBigDayがあるんだろうなと思うと普段なにげなく眺める街の風景も、なんだかドラマチックでキラキラしてきますよねっ!酔っぱらってるかも?!

わたしのような普通の(肥満だった?)オヤジにもBigdayがあるんです。それが明後日のサロマだー。

よーし、自分でテンションあげてくぞ〜っ!。


Nikita
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。